FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
 以前にも書いたがホンダ・スペーシー250フリーウェイが出た頃(1985年?)「こんなもの誰が乗るんだろ?」と本気で思った。だが私の予想に反して都内ではフリーウェイを駆る「宅配ライダー」をよく見掛けた。私には、なぜこんな中型スクーターが宅配で重用されるのかわからなかった。
HONDAフリーウェイ250(スペーシー)MF03Eリアボックス処分レストア火薬御飯ビッグスクーター
 今の私は左手の操作にまだ少し不安が残るため、右フットブレーキのこの機種を選んだ。このアングルから見ると往年の原付スタンドアップタクト(AF24)を思い出す。もちろんこれはすごくイイこと。ホンダが絶好調の時期のデザインを踏襲している。シンプルで美しい。このキレイなラインが生きるようにバカデカいリアボックスは外した。結局キャリアーも取ってグラブレールだけにした。シート後端が解れているが、全て張り替えなくてもシート生地に弾力があるので、縫い合わせてもイイかもしれない。
HONDAフリーウェイ250(スペーシー)MF03Eヘルメットインスペース火薬御飯レストアビッグスクーター
 メットインとはいえ250㏄。スピードレンジが違うし自重も重いからフレーム強度が要る。スペースの中央にバルクヘッドのような段がある。後半はヘルメットスペースだが意外と浅い。まして最近のデフューザーが付いたヘルメットは入らない場合も多い。メットイン右の壁の穴がバッテリースペース。標準はYTX12-BSだがやや小さいSTX7A-BSが入っていた。
HONDAフリーウェイ250(スペーシー)MF03Eリアボックスキャリアレストア火薬御飯ビッグスクーター
 フロントカウルのライト周りがフラッシュ(AB19)に似ている。フロントカウル内にラジエターがあるので水回りのメンテも必要。とりあえずフロントブレーキをメンテすれば(商品説明通りなら)始動できるはず。この頃のホンダは奇を衒わないシンプルな構造。まして初期型は余計なものが付いてない。フットブレーキなど実用或いは業務用も視野に入れた設計に見える。ベーシックで機能的。なるほど宅配ライダーが好んで使うわけだ。

テーマ:ビッグスクーター - ジャンル:車・バイク

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
 不登校やニートなんかが主役じゃあ世の中オシマイだ(笑)。ヤンキーが主人公というのがいかにも往年の少年漫画っぽい。だが今はネット時代。欲求不満が溜まりまくった不登校やクズニート共が「暴力だ!」とか匿名でクレームを付ける。それを「タイムリープ」を主題に代え、見事かわすのに成功した。久々に漢臭いリアルガチバイオレンス青春群像の名作だ。
東京卍リベンジャーズTokyo Revengers도쿄 리벤저스東京卍復仇者طوكيو ريفينجرز REDWINGS‐RPP「魔輝屋」あんだあ☆びれっじKANERU-S火薬御飯animateアニメイト静岡PARCO店
 中学生のスタイルが懐かしい。舞台は2017年から2005年にタイムリープするんだが、実際こんな中坊や半グレがいるわけじゃない。ただヤンキーのスタイルやバイクの車種まで各時代のいちばんオイシイ所を「イイトコ取り」した設定が楽しい。こういう作品に経験者が四の五の言うのは愚の骨頂。だって例えばリアルニートの生態なんて普通は知らないし知りたくもない。フィクションだから必ずしも正確でなくても、雰囲気が伝われば良い。作中で描かれるのは古典的な男の美学。悪戦苦闘して強敵に抗う(最近少ない)若者の姿だ。マンガは大ヒットしたのにアニメ化の気配もなかった「特攻の拓」のようなノリ。ご都合主義の異世界転生モノやチートスキルの勇者や冒険者にはもうウンザリ。てかハーレムギルドの最強賢者なんてライターの妄想強すぎてキモイ。往年の少年マンガには脳内美少女キャラなんか出て来んのだよ。こういうリアル青春ドラマを待っていた。

テーマ:東京リベンジャーズ - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  NEWS
tag : 
 あいかわらず近所を回っている不用品回収業者。実はこれも経験職のため、知ってる顔に会ってしまうと面倒。と言っても私は不動車を修理するメカニック。ただ今のように電制が多い車種は面倒だからやりたくないし流通ルートが確立して相場が安定した今では、一山当てるのも望み薄だ。
不用品二輪バイク回収業者
 低年式の軽トラにアルミを履かせるのが回収屋の定石。どちらも戦利品だ。タイヤの交換よりもサイズが同じ廃車からホイールごと交換したほうが安く上がる。貨物のタイヤは6プライでないと車検を通らないが、軽乗用車用の4プライならバリ山がいくらでも手に入る。普段は4プライでも問題なく乗り心地も良くなるため、下取り車のホイールごと交換してしまう。
私が回収業者で働いたのは3ヵ月くらいだが、この間の濃い経験を記した同人記事がなぜか大ウケ。リピーターさんも拙い経験談を絶賛して下さる。同じネタは使わないつもりだったが、同人の販促を考えると再開しても良いと思う。読んでくれるリピーターさんが喜んでくれるならまた書こう。

テーマ:バイク処分原付回収 - ジャンル:車・バイク

Category :  イベント
tag : 
 ワンフェスなどこれからイベント参加を予定している方には申し訳ないが、コミケC99は真に良いタイミングだったと思わざるを得ない。もちろん去年末から今年の年始も、感染対策をしても不安はあった。それでも沈静化の底を打ったような空気は、後ろめたい気分を多少和らげてくれた。
【コミックマーケット99】2022夏コミC100東京ビッグサイトTokyo Big Sight東館あんだあ☆びれっじKANERU-S REDWINGS‐RPP「魔輝屋」同人誌サークル静岡コミックライブ220富士山コスプレ世界大会(Comic Marketコミケ100コミケット)コスプレイヤーズアーカイブ2022Comiketあんだぁ☆びれっじ
 ワンフェスはコミケに比べ一般より業者の物販の比率が高い。中止や制限が掛かると業界全体に与える影響が大きい。逆に一般客から感染が発生すると主催や業者さんに迷惑の掛かる分も多い。感染者が拡大する中で制限が厳しくなるのは仕方ないのかもしれない。だがそろそろ悪戯に制限や禁止を掛けるだけでなく、経済や生活との両立も考えてほしいものだ。
【コミックマーケット99】2022夏コミC100東京ビッグサイトTokyo Big Sight東館あんだぁ☆びれっじKANERU-S REDWINGS‐RPP「魔輝屋」同人誌サークル聖教新聞静岡支局通信員静岡コミックライブ220富士山コスプレ世界大会(Comic Marketコミケ100コミケット)コスプレイヤーズアーカイブKANERU-S あんだあ☆びれっじ
 イベントの可否は別にして、もうそろそろコロナを引き籠る言い訳にするのは終わりにしたほうが良いと思う。去年と同じ今年では夢も希望もない。去年できなかった事を今年は万難を排して実現する。リモートとかオンラインとか行ったような気がするだけのイベントなんかもう沢山だ。

テーマ:ワンダーフェスティバル - ジャンル:サブカル

Category :  オートバイ
tag : 
 2年ぶりのコミケも無事終了。入場制限もあって客数が少ない中で、リピーターさんも来てくれたのは喜ばしい…反面、ちょっとビビるりが入るのも確か。自分が書いた雑記の感想等言われるのは正直ビビる。と同時に誌面をお借りして好き勝手に書き殴ることの責任も身に詰まされる思いだ。
スズキ(SUZUKI) GSX750S(GS750S)カタナKAYANA痛バイクけいおん!秋山澪HTT放課後ティータイム#PrayForKyoani京都アニメーション京アニスペシャル痛車KROG火薬御飯コミケ同人サークルあんだぁ☆びれっじKANERU-S魔輝屋 REDWINGS‐RPPSUZUKI GSX750Sアイカツカタナaikatsu katana清水パーキングエリアNEOPASA清水
 やはり自分が直接経験したことや「あるある」話がいちばんウケが良いような気がする。カッコつけて話を盛ってもすぐバレるし、またそういうマヌケな奴は逆にコチラもネタにしやすい。そんな話をネタにさせてもらったのが「排気量マウントおじさん」の章だった。ところが頁数の関係で少々削除せねばならず、私が以前に見た事例だけ書いて文を閉めねばならなかった。これでは単なるオマヌケ伝説にしかなっていない。オチを全て削除してしまったし、実はこれには後日談があった…いや、今現在ある。
 このオジサン達は当時バイク業界でも隆盛を誇った雑誌「ミスターバイク」に度々寄稿していた。私はそのシステムがよくわからないのだが携帯電話等から録音を吹き込む方法もあったらしい。そこである一人のオジサンが実績を積んでコラム欄「男のジャーナル」に投稿して掲載された。
私も立ち読みで読んだのだが、内容は支離滅裂。しかもハクを付けるためかオジサンは、地元のある有名なバイク乗りの名前を勝手に引用したため、その有名処が大激怒!っていうか、私もその人と面識があったため「何なんだ!あの野郎!」と怒りの弁を聞かされた。そんなド顰蹙のエピソードを積み重ね、あるオジサンはとうとう地元に居られなくなってしまった。「マウントを取る」という些細な言動が、本当にシャレにならない結末を招いてしまう。そんな「つい口を滑らせて」コワい人達から反感を買ってしまったなんて話、ごく最近まで私の周りにも腐るほどあった。
BMW K1600GTLギアCコミックマーケット2021冬コミC99火薬御飯KANERU-Sあんだあ☆びれっじ REDWINGS‐RPP「魔輝屋」同人誌サークル東京ビッグサイトTokyo Big Sightカタログ219静岡コミックライブ220富士山コスプレ世界大会(Comic Marketコミケ99コミケット)コスプレイヤーズアーカイブ冬コミ2018Comiket
 画像は私の原付。その他は本文とは関係ありません。こんな地元ネタならまだゴッソリある。結局、マウントおじさん達は地元の半グレお兄さんや旧車會を怒らせて駆逐されてしまった。悲惨な末路だが、そんな無礼な態度を取っていたらどうなるか?普通の人なら容易に想像が付くと思う。
マウントおじさん達が消え去った後、彼らの消息以上に彼らの子供の頃からの素性がウワサになった。おじさん達は元々幼馴染で「イジメられっ子仲間」だったそうだ。それも素直な子供ではなく、性根の曲がったガキで誰からも嫌われた。しかし反省の態度はなく、そればかりか逆に人のせいにして「イジメに合った」とふれ回る始末。それがそのまま大人になる。
イジメられっ子も一人ではコワいので徒党を組む。その仲間が同じ頃に免許を取って、近所だから同じバイク屋に集まって常連になる。その常連がチームになったのが、私の知る「排気量マウントおじさん」達だった。
バイク屋にも客層がある。走り屋や暴走族を嫌って、あまり客を選んでいると、無難なオジサン達ばかり残る。無難なオジサンというのは得てしてつまらない。人間関係が保てず仕事で使えない。だから「バイクに乗る」ことで共通の友人を求めるが 劣等感が強いからマウントを取ろうとする。
以上が私が聞いた ある「排気量マウントおじさん」の幼少期からの逸話。
そんな人達でも居なくなると寂しい。ネタが無くなってしまうから(笑)。

テーマ:大型バイク - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード