FC2ブログ

火薬御飯

Category :  未分類
tag : 
 私は飲食業(ホテル業だが)経験者なので、為政者たる小池百合子の血も涙もない態度には憤怒の情を禁じ得ない。あの厚顔無恥な鬼婆の無責任極まりない言動のおかげで、いったい何人の庶民が路頭に迷い、懸命に働いて多額の借財を抱え、亡くならなくて良かった命が無残に奪われたか。
2021年(令和3年)東京都議会議員選挙 告示6月25日 投票7月04日
 コロナ禍に延期された五輪が重なる歴史的な国難。徹底的な解決策など望めない。だが今の政は正に「船頭多くして船山に登る」の為体。それもこれも首都東京の為政者が無責任なためだ。東京は一地方都市ではない。日本の中枢が集まった最高決定機関だ。まして五輪は開催都市の首長が全てを担う。コロナ禍は治まらないが、既に五輪を中止できる機会は逸した。被害を最小限に収める方途を模索する以外無くなった。そして何より「都民ファースト」等という心にもないスローガンを党名に冠した俄党首には一日も早く席を譲って、これ以上の不幸をバラ撒かないで戴きたい。
2021年(令和3年)東京都議会議員選挙は告示6月25日、投票7月04日だ。

テーマ:2021東京都議会議員選挙 - ジャンル:政治・経済

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
 今年初め閉店してしまった「とらのあな静岡店」が駿河屋本店に間借りするようにコーナーを構えていた。コミケに誘ってくれるクリエイター氏も同人を委託してたのでヒイキにしていたつもりだったから無念だった。どういうカタチであれ「とらのあな」が存続してくれるのは喜ばしい事。
【とらのあな出張所in駿河屋静岡本店】「駿河屋」とらのあな静岡店animateアニメイトGamersゲーマーズ(ヌーマーズ リトルデーモン店)らしんばんLashinbang同人誌、コミック、アニメCD・DVD・LD、アニメ・ゲームグッズ、PCソフト、フィギュア静岡県静岡市葵区
 静岡市内にゲマズはない(沼津にはある)し、アニメイトは正統派過ぎて趣味が合わない。かなり以前にコミケのカタログを買った以外、特に焦って買うものもなかったがトレンドを探るには二次創作が充実した「とらのあな」が使いやすかった。なによりコロナ禍とはいえ有名店の撤退は地域が衰退していくようで寂しい。「ホビーの街」を自負したところで世界的潮流のアニメショップが少なくては、未来を担う若者が流出してしまう。
【とらのあな出張所in駿河屋静岡本店】「とらのあな静岡店」駿河屋animateアニメイトGamersゲーマーズ(ヌーマーズ リトルデーモン店)BLらしんばんLashinbang同人誌、コミック、アニメCD・DVD・LD、アニメ・ゲームグッズ、PCソフト、フィギュア静岡県静岡市葵区
 なによりアウトレット最大手の駿河屋との合体は何かと好都合だ。駿河屋様のような商売上手(=オタクのニーズをよく掴んでいる)が静岡のような堅物の巣窟に本店を構えてくれるのは奇跡という他はない。店内を除いてみると…女性、特にJKが目立つ。最近アニメもBLが幅を利かせているし女性はトレンドに敏感だから、これは真っ当に繁盛しているということだ。

テーマ:アニメ関連書籍・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 

 特撮ヒーローがオートバイに乗るのはお約束。でも自動車に乗るヒーローもいた。これはいわゆる脱定番で作品自体にもユニークな要素が多い。私的に覚えている限りリアルタイムで見ていたいちばん古いヒーローは「ロボット刑事K」だ。タイトルは「ロボット刑事」(1973)。「K」は付かない。K専用の愛車「ジョーカー」はOPの歌詞にも出てくる濃い相棒。
2021冬コミネタロボット刑事K
 1970年の万博に行ったのを憶えていないが、ロボット刑事Kは覚えているので微妙なところ。仮面ライダーの放送は1971年からだが例によって静岡は放送が遅く東京より半年遅れだったと思う。Kは変身こそしないが戦闘モードに入る時、ブレザーを脱ぎ捨てると機械のボディが現れる。これが子供達の間で流行った。当のジョーカーは車体後半が開いて翼状に変形し歌の文句の通り「空を飛ぶ」。もっぱら犯罪組織バドーのロボットが暴れる現場に急行する移動手段に使われ、ジョーカー自体が戦闘に参加することはない。ベースはトヨタスポーツ800で、ちょうど初期のスーパーカーブームと被ったおかげで注目度が高く、街中でも時々見掛けた気がする。当時は仲間内に必ず何人か「スーパーカー少年」というヤツがいて滔々と説法を聞かされたため、すっかり四輪に興味が失せていた。

 ウルトラセブン(1967)は再放送で見たため時系列が入れ替わるが、ウルトラ警備隊の装備車両「ポインター」は当時からミニカーやプラモで大流行りしたうえに今でもレプリカをイベント会場等で目にする機会も多い。
2021冬コミネタウルトラセブンポインター
 ウルトラマンシリーズも二作目ということで特撮や大道具の質も更に上がって、良い意味でオトナの目にも耐えうる完成度の高い作品に仕上がっている。ウルトラマンの科学特捜隊がシボレー・コルベット1964年型をそのまま使っているのに対し、ポインターは1957年型クライスラー・インペリアルを大改造。それでも4ドアで隊員全員が乗車できる。それでいてこの低く構えたシルエットはやはりアメ車ベースの成せる技。作品的にも、あたかも宇宙人の視点から見た地球上の社会問題でも扱った様な名脚本が盛り込まれ、今も何かと物議を醸す。正直、子供の頃は見ていて怖かった。

 今では単一ブランドから抜け出せなくなったウルトラマンと仮面ライダーだが、創造主の円谷英二氏と石ノ森章太郎先生がご健在の頃は、惜しげもなく次々と新しいヒーローを登場させた。シリーズもののサガとはいえ、この果てしない挑戦は今こそ真の原点回帰すべき昭和の熱きスピリッツだと思う。イナズマンは石ノ森先生のライフワークのとも言うべき「孤高の超能力者」がテーマ。特撮の質も高く、重厚なストーリーの名作だ。
2021冬コミネタイナズマンライジンゴー
 ここで石ノ森先生はバイクに乗るヒーローと差別化を図るため敢えて四輪を登場させたのではないかと思う。 イナズマン渡五郎 は正体を隠したヒーローではなく作中の正義の組織「少年同盟」の中心的な人物としてメンバーと協調して「新人類帝国」に挑む。ちょうどユリ・ゲラーとかスプーンを曲げただけで超能力と称するピン芸人が大人気を博した時期と重なり、ストーリーに妙な説得力を持たせていた。少年同盟の装備品として登場するライジンゴーは(栃木や茨城の自家用車風だが)石ノ森先生らしい「顔」のあるメカデザイン。口にあたるフロント部分が開いてミサイルを発射する。これはミニカーや玩具にも再現され子供の遊び心を刺激する楽しい仕掛けだった。ベースはいすずベレットらしいが見事な変貌ぶりだ。

 さいとうたかを先生の原作を大幅に変更して特撮ヒーロー化した「バロム1」(1972)は見ていた当時から子供心に「仮面ライダーに似てる」と思っていた。制作やスタッフが一部被っているためだが、寧ろ路線の違いを明確化している。その一つがバロム1の乗るマシン「マッハロッド」だ。
2021冬コミネタ超人バロム1
 劇中ではベースの違うAタイプBタイプの2種があり、Aタイプはベースがフェアレディ。Bタイプはサニトラで、ノーズ部分の形に違いが見られる。おそらくヘッドライトが内蔵されたAタイプが公道用、Bタイプが不整地用で、そのため採石場のような荒地も軽快に走り回る。バロム1と言えば、放送禁止級のグロテスクな怪人(ドルゲ・エージェント)が有名だが、特撮ドラマでは毎回手を変え品を変えヒーローに挑む怪人・怪獣達も子供達の人気を集め、ブルマァクやポピーのソフビがバカ売れした。

 ジャンボーグA(1973)は、ウルトラマンタロウやファイヤーマンと同期で、ミラーマンのスタッフが制作、一部設定を引き継ぐなど、他社の猛追を受けながらも第二次怪獣ブームを牽引する円谷プロの激しい仕事ぶりが伺える。1972年末にはマジンガーZも放送開始。どこのご家庭も子供(兄弟)の人数が多く、高齢者が(ご遺族で)裕福だったおかげで、関連グッズ(玩具他)の販売が絶好調。供給側が需要に追い掛けられるご時世だった。
2021冬コミネタジャンボーグ9
 中盤にジャンボーグAの代替機として登場するジャンボーグ9は、主人公立花ナオキが身内から借金をして購入したホンダ・Zをエメラルド星人が密かに改造。グロース星人の怪獣ロボット・ジャンキラーとの闘いで大破したAに替わってリベンジを果たす。ジャンボーグ9とマジンガーZはほぼ同時期に「搭乗型ロボット」の元祖を確立。その臨場感は、鉄人28号(1956年)やジャイアントロボ(1968年)のような遠隔操縦型をはるかに上回った。マジンガーZ(1972年10月少年ジャンプ連載開始)がやや先行するが、ジャンボーグA(1973年1月放送開始)は、大型スクリーンに映し出される敵影に対しモーションキャプチャーのような方法で操縦する点が先進的。Gガンダム(1994年)では同じ操縦方法をモビルトレースシステムと呼称した。

 ウルトラシリーズ第二期はウルトラマンタロウ(1973)で最高潮を迎え、次作レオで幕引きを迎える。以後、特撮作品は急に下火びなるが、これにはオイルショック(1974)による着ぐるみ等の製作費の高騰に原因があった。ただシリーズや派生の息切れ感も否めない。第一期の実相寺監督の影響力が薄れ、作風が迷走しはじめたのも事実だ。
2021冬コミネタZATウルフ777
シリーズ中でも特に山盛り感の強いZATウルフ777。特撮マニア諸兄の評価は知らないが、名前も昔のラブホみたいだしデザインもケバケバしい。ベースはS50クラウン。思うに特撮作品の架空の生物やメカは、着ぐるみのリサイクルなど原型を生かしながらも、全く異なる形態に違和感なく移行させてしまうところが、デザイナーの手腕だと思う。生物も乗り物も、過去の何かの進化形であり、一均整のとれた完成形であるべきだ。ただ「取って付けた」手法は素人がやることでB級臭が漂う。無論これは年老いたマニアの意見で、当時の子供達は喜んでいたかもしれない。視聴対象者が喜んで関連商品が売れれば、それに勝る正義はない。

 刑事ものやスパイアクションが大流行だった70年代、他社に負けじと日活(笑)が制作したやや大人向けアクションドラマが「電撃ストラダ5」(1974年)。「ダイヤモンド・アイ」(1973年)の後番組ということでいちおう特撮枠に入ると見られている。
2021冬コミネタ電撃ストラダ5
 特撮ドラマとするなら複数ヒーローという点では「秘密戦隊ゴレンジャー」(1975年)に先行するが、キャラクターや設定が中途半端で、子供から支持されるには至らなかった。アクションやアイテムはそれなりのレベルだったと思うが、制作側の都合で僅か13話で終了。当時の放送局や番組制作の慌ただしさを伺わせる。

 仮面ライダーを始めとするヒーローの武器は、ほぼ素手技か近接戦用の小火器のみ。だから敵が大型化(ジャイアントデビル、キングダーク)すると見ている子供達にも緊張感が走る。更に道路状況が悪く交通戦争と呼ばれた70年代に車は走る凶器。子供の脳裏に二重の恐怖と不安が過った。
2021冬コミネタ電人ザボーガーデスガンダー
怪人の胴体から下は自動車とわかっても当時のインパクトは大きかった。Σ団のロボット軍団の中でも装輪式の大型メカ・デスガンダー。この大胆さがピープロ伝説。ベースはジャンカーZと同じホンダ(旧)Zで荒地でも小回りが利き、ロボット形態で動きのにぶい電人ザボーガー(1975年)を苦戦させた。

 スーパー戦隊シリーズ2作目にあたる「ジャッカー電撃隊」(1977)には4人の戦士に一人一台(笑)づつクルマやオートバイが割り当てられる。OPのカーアクションが派手で各車デザインも良いのは、大人も巻き込んだスーパーカーブーム(1975~1978年)の影響がある。
2021冬コミネタジャッカー電撃隊
 ただ大人気を博した1作目「ゴレンジャー」(1975~1977年)に比べると、作風がやや暗く大ヒットには至らなかった。3作目のバトルフィーバーJ(1979)以降は巨大メカが登場する現設定が完成し、ヒーローの乗る車やバイクの存在感が希薄化していく。

 マジンガーZ(1972年)以降ブームに沸くロボットアニメに実写で挑んだ「大鉄人17」(1977年)は、制作やスポンサーの要求を高い次元で両立させた石ノ森先生の受容力の高さを垣間見る傑作。因みに前作「宇宙鉄人キョーダイン」(1976年)も特撮技術もドラマ性も円熟期を感じさせる名作。放送時間はTBS金曜7時というゴールデンタイム。
2021冬コミネタ大鉄人17
 ワンセブンの内蔵メカの一つで、ワンセブン自身の内部のファクトリーで作られ、操縦者の三郎少年に送られた。行動中のワンセブンを追尾するために用いられるためデザインはやや大雑把だが玩具の売れ行きは悪くなかったようだ。ベースは不明だがゴルフカートのような小型の乗り物らしい。それでも自衛隊と共に演習場内でも走れる性能があった。

 1980年、前年から始まった「機動戦士ガンダム」は低視聴率で打ち切りになったものの、ガンプラは確実に売れ始めていた。オイルショックの影響から中断していた2大シリーズが新作で登場した。(新)「仮面ライダー」(スカイライダー)とウルトラマン80だ。
2021冬コミネタUGM スカウターS7ウルトラマン80
 仮面ライダーはシリーズ唯一空を飛ぶため乗り物の出番がなく、ウルトラマン80は流行りの「学園ドラマ」要素が入ったため、防衛組織のUGM(アルティメット・ガバメント・メンバーズ)の存在が薄い。半面UGMの装備車両スカウターS7のベースは初代RX-7と、国産車の復興を象徴する名車が奢られていた。(新)仮面ライダーとウルトラマン80は低調に終わるが、翌年には初代メタルヒーロー「宇宙刑事ギャバン」が控えていた。

 80年代に入ると日本車も海外勢を脅かすほどの性能とスタイリングを持ち始め、普段はほぼそのまま、有事のみ変形する手法や、レスキューポリスシリーズ(1990年~1993年)では赤色灯を載せてエンブレムのみのそのままパトカー仕様で用いられる。
2021冬コミネタ超人機メタルダー
 レンタルビデオの普及からOVAなど活況を呈すアニメに対し劣勢は否めないが、そこはバブル期。スポンサーも奮発して製作費を掛けた良作も多数。「超人機メタルダー」は変身前はファミリアBD型ハッチバックそのままのメタルチャージャーと変身後はオートバイのサイドファントムを使い分ける贅沢設定。これはスポンサー(マツダ)にも利が大きい。メタルチャージャーはフロントとボディサイドが変形して飛行形態になるトランスフォーマーのようなギミックが玩具でも楽しめた。

 1980年代、旧態依然とした体質の日本映画界や配給会社に代わって、スケールの大きさから割安感さえ出てきたハリウッド映画が、家庭用録画機やレンタルビデオの普及と共に人気を獲得。海外の特撮技術(SFX)が流入すると洋画に比肩するに足る国産も現れる。モータリゼーションは海外のほうが先を行くためカーアクションはB級扱いだったが、その中から「マッドマックス」のような低予算・高収入作品や「ナイトライダー」(1982~1986)のようなテレビドラマ。国内では西部警察シリーズ(1979年~1984年)等。果ては無数のOVAまで、実車改造のスペシャルマシンの大立回りは大人になった特撮世代を釘付けにした。
2021冬コミネタ・メガフォース
 カーアクションの名監督の一人ハル・ニーダムの「メガフォース」(1982)は特殊部隊が敵を打ちのめす鉄板設定だが、ミリタリーよりもカースタントがメイン。装備車両は「無音走行機能」を持ち敵地に近づくと走行音を消して気付かれぬまま奇襲する。こんな夢のスペシャリティーがテロ組織やモンスターを撃破する単純明快なアクション映画はB級とわかっても何本見ても飽きない。俳優の熟練度と爆薬の量が今とは比較にならないからだ。
 ジャパニメーションが海外を席巻する中でも、復興を遂げる銀幕の名車もある。アストンマーチンは一時はBMW等に奪われた007主役の座をDB10で取り返した。
2021冬コミネタ007_0912_001
 MI6のマッドサイエンティスト「Q」が作るボンド・カーは、いつの時代も世界中のカーマニアの憧れだ。映画の起用が販売に結びつくかは微妙だが、海外にはこんな頑なな欧州ブランドに喜んで大枚を叩く富豪もいる。フィクションだからこそボンド・カーは常に孤高であってもらいたい。

 平成仮面ライダーでも異色の「仮面ライダードライブ」(2014年)ではプレミアム級のスポーツカーが投入され、クルマ離れの若者や子供達よりも、昭和の「変身ブーム」に慣れ親しんだ大人達が驚いた。ホンダは何を血迷ったかドライブの愛車トライドロンのベースはNSXだ。
2021冬コミネタ仮面ライダードライブトライドロン
その他、劇場版に登場するダークドライブにはメルセデスAMG-GTベースの「ネクストトライドロン」まで起用。しかもこのAMGは日本上陸一号車ということで、そちらのほうが話題になった。自動車業界も形振り構っていられない。スポンサーの目論見がどのていど達成したかは不明だが、主人公ドライブの竹内涼真君はその後「下町ロケット」(2015年)や「テセウスの船」(2020年)等にも出演。厳しい芸能界で順当に出世している。

 前述通り、ウルトラマンや仮面ライダーは子供世代のモノであって、歳を食った往年のマニアが口を挟むべきではない。ただウルトラマンに関しては、ややレジェンドが過ぎる気がする。
2021冬コミネタウルトラマンXリーフ
 防衛組織の車両もついに電気自動車。歴代車両の中には設定上(公然と)核燃料を使うマシンもあったので、時代の要請には逆らえない。怪獣ブーム(1971~1974年)やスーパーカーブーム(1975~1978年)、その後はガンプラやミニ四駆をリアルに体験した歴史の生き証人達は、未来を生きる次世代を寧ろ温かく見守ってほしい。

テーマ:カッコイイ旧車 - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 久々のNEOPASA。単独で来たのは入院前以来だから半年ぶりくらいになる。季節は冬から初夏へ。クシタニのディスプレイがBMWからビモータに替わってた。駐車場だから時短は関係ない。五輪ももう私には他人事。世間の喧騒をヨソに、セレブなマシーンを眺めながら路上飲食でもするか。
ビモータ(bimota) テージH2 ビモータKawasakiカワサキNinja H2スーパーチャージャー TESI H2 トリコロール Vyrus 984 C3 2V(Bimota S.p.a.)火薬御飯NEOPASA清水ネオパーサ清水クシタニカフェ清水 KUSHITANI CAFE 清水店 NEOPASA SHIMIZU カフェ喫茶グルメNEXCO中日本新東名高速道路中部横断道静岡市清水区小
 天候のためか今年は草叢の虫が鳴かない。山の上は涼しいのでイマイチ季節感がないが、例年なら何かと夏場の行事の思案している頃。湿気の高い日本の夏に伊太利亜は似合わない。カラーリングからビモータとわかったのだがカーボンがカワサキH2のフロントシルエットを強調して国産っぽい雰囲気に寄った気がする。全体に奇抜な感じが抑えられたのが良い。
ビモータ(bimota) テージH2 ビモータKawasakiカワサキNinja H2スーパーチャージャー TESI H2 トリコロール Vyrus 984 C3 2V(Bimota S.p.a.)火薬御飯NEOPASA清水ネオパーサ清水 NEOPASA SHIMIZUクシタニカフェ清水 KUSHITANI CAFE 清水店カフェ喫茶グルメNEXCO中日本新東名高速道路中部横断道静岡市清水区小河
 販売価格は866万円とあるが、こういうバイクはアフターでどこまで面倒見てくれるかが肝心。コレが買える高額納税者の方々ならヤボな値引きはせず、コンディションとライフスタイルの維持に努められることだろう。サイレンサー付近はカワサキ純正を踏襲している模様。H2のパフォーマンスを引き出すならビモータのハブセンターステアリングは必要かもしれない。私的にこういうバイクは他人様のモノを眺めるだけで充分満足。
ビモータ(bimota)テージH2カーボンKawasakiカワサキNinja H2スーパーチャージャー TESI H2 トリコロール Vyrus 984 C3 2V(Bimota S.p.a.)火薬御飯NEOPASA清水ネオパーサ清水 NEOPASA SHIMIZUクシタニカフェ清水 KUSHITANI CAFE 清水店カフェ喫茶グルメNEXCO中日本新東名高速道路中部横断道静岡市清水区小河内88
 カワサキは国内メーカーの中ではいちばん勢いがある。コンセプトやデザインにも些細な批判を寄せ付けない自信に溢れている。デザインスタディから拾った消去法ではない。機能的な裏付けがある。200馬力も要らないならNC750のような安っぽい機械になるし、スペックだけで2千万も取るRC213V-Sは洒落っ気がない。テージH2には色気と高揚感がある。
ヴァイルス(VYRUS)984 C³ 2Vアスカニオ・ロドリゴS.p.a.)火薬御飯NEOPASA清水ネオパーサ清水 KUSHITANI CAFE 清水店カフェ喫茶グルメNEXCO中日本新東名高速道路中部横断道静岡市清水区小河内885-1
 H2と向い合せに鎮座するVYRUS(ヴァイルス)984 C³ 2V。ビモータの技術者が独立して設立したメーカーで コチラは極めて独創的で現代芸術オブジェ風。パニガーレのエンジンを搭載。伝統的にドゥカティのL型エンジンはパッケージングの上で都合が良く旧ビモータも好んで採用した。ただドゥカティ自体も新機軸を次々投入したため 差別化が難しくなってきた。
ビモータ(bimota) テージH2 ビモータKawasakiカワサキNinja H2スーパーチャージャー TESI H2 トリコロール Vyrus 984 C3 2V(Bimota S.p.a.)NEOPASA清水ネオパーサ清水 NEOPASA SHIMIZU火薬御飯クシタニカフェ清水 KUSHITANI CAFE 清水店カフェ喫茶グルメNEXCO中日本新東名高速道路中部横断道静岡市清水区小河
 世間では世界的に何かとウルサいカーボンとプラスチック素材だが軽量化と高級感の演出には不可欠。SDGs云々というならリサイクルの義務化が先決。欧米人が日本人よりもセコいこと言うようでは困る。こういう高級車に更に付加価値を付けるにはやはりラテン民族のアソビ心が必要だ。

テーマ:イタリアン・モーターサイクル - ジャンル:車・バイク

Category :  NEWS
tag : 
 清水区の端にありながら港を中心に発展が続く興津駅周辺。長年やたらと込み合ってさながら廃チャリ置場と化していた駅前の自転車置き場がリニューアルされた。昼間でも満車というほどではない。多少余裕がある。
「ECOPOOL 」JR興津駅前駐輪場(二輪車125㏄まで)駐車場24時間秀英予備校興津駅前校興津中学校興津小学校県営興津団地静岡県静岡市清水区公明党静岡市議会山梨渉(やまなしわたる)東海道本線清水駅←興津駅→由比駅新興津埠頭清見寺町国道52号線(身延路甲州街道)国道一号線バイパス旧東海道
 料金は125㏄までの二輪車で24時間=150円。これは静岡駅前の黒金駐輪場等と同じ。静岡駅駐輪場は夜23時30分から朝5時までは入口が閉まって出し入れができない。興津駅前は屋根こそないが、24時間入出庫が可能。
 新静岡セノバの駐輪スペースと同じようにワイヤーを巻いて施錠するワイヤーロック式。有料駐輪場によくある形式で使い勝手がよく防犯上も効果は高い。夜間も予想以上の明るさ。因みに敷地の隣りは秀英予備校。
「ECOPOOL 」JR興津駅前自転車(二輪車125㏄まで)駐車場(駐輪場)24時間秀英予備校興津駅前校興津中学校興津小学校県営興津団地静岡県静岡市清水区公明党静岡市議会(山梨わたる)東海道本線清水駅←興津駅→由比駅新興津埠頭清見寺町国道52号線(身延路甲州街道)国道一号線バイパス旧東海道
 駅のホームから見えるし、駅舎は夜間は無人だが24時間電灯が付いている。防犯カメラもあるはずだ。私的に駐輪場は多少払っても管理されている所がイイと思う。料金をケチって無料の駐輪場に争って停めて、折り重なったり倒されたりするのはイヤだ。利便性も良くリーズナブルと思う。

テーマ:静岡◆ - ジャンル:旅行

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード