FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
 リード90のシリンダー再組立て後セルを回すが始動しない。プラグをリークさせると火花が飛んでいない。点火系の配線は導通を確認した。壊れにくいはずのホンダ純正CDIだがいちおう予備部品と交換してみるがダメ。後はパルサーを疑ってみる。やはりサビや排気漏れの油にまみれていた。
ホンダHONDAリード90LEAD90フライホイール部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 エンジン右側のシュラウドを外し強制冷却ファンを外したところ。冷却ファンは樹脂製のため固定してある4本のボルトの締め付けは緩く簡単に外せた。やはりフライホイールはサビや腐食が回っていた。防食はしたいがパルサーの接点は確保したいので塗装などはよく考えなくてはならない。
 フライホイール外側にこびり付いた汚れは排気の油分に埃が混ざったようなガンコなもの。シリンダーに冷気を送る関係で完全には防ぎきれない。できれば定期的にパーツクリーナー等で洗浄するしかなさそうだ。
ホンダHONDAリード90フライホイール部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 センターナットを緩めるためフライホイールにプーリーホルダーを掛けてソケットで回すと意外と簡単に緩んだ。ヤマハはこの部分を外すのに特殊工具が必要。しかも超高トルクで締め込まれている。こちらも汎用品のプーラーでは外れそうにない。こういう作業は早まってムリは禁物。
ホンダHONDAリード90フライホイールプーラー部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 フライホイールの穴にプーラーのツメが噛まず、クーリングファンのネジ穴にボルトを打ってプーラーを掛ける。これにもかなり無理がある。
外周にネジ山が切られた専用工具が必要だ。単価は通販で500円前後なので注文してみるが、とりあえずフライホイール外周の突起部分のサビを板状ヤスリを刺して磨いて金属の地を出す。これで接点が復活すればOK。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 SRやセローの生産終了など国内メーカーの中でも特にヤマハは元気がイマイチですね。全盛の80年代から既に30年以上も経って世の中も変わって往時の勢い再びともいかない。昔は昔、今は今。過去は戻りません。
 8耐やWGPがテレビで高視聴率だった80年代半ば、ヤマハは複数のエースライダーを擁しリザルト以上の異様なカリスマを放っていました。レーサーレプリカの先鞭を付けたのはGSX-R(400/750)だったかもしれませんが巷や峠に溢れたのは平レプリカで決めたFZ400RやTZR250。ホンダは創始者がご健在でチャラいマネができなかったんですね。FZシリーズはまだハイスペックなロードスポーツの域を出ずFZRになって本格的なレーサースタイルを確立していきました。ホンダはまだ空冷やツアラーでした。
FZR250(2KR)(3HX)FZRオーナーズクラブOWNERS CLUB
 4スト250ccは四気筒がスタンダード化しつつありましたが特にFZ250フェーザーからFZR250への惜しみない進化は目が覚めるような感動がありました。いわゆるレーサーベースではなくスペックよりも扱いやすさ重視。それなのに他社の同クラスにはない存在感。なぜか8耐レプリカのテック21カラーがいちばん映えるのもFZR250でした。テック21ベースの750(5バルブ)は伝説の平&ケニーペアの8耐仕様からパリダカールマシンまでレースシーンを暴れ回りブランドイメージを引き上げてくれました。
 それから30年を経てCBRが高めを維持しているのにFZRは相場が安く入手も維持もラクなままでいてくれるのはありがたいこと。最近では海外製フルカラー外装セットも出回りフルレストアも更に気軽になりました。
 FZRに乗っているのにオーナーズクラブ様とは接点のない魔改造の私ですがイベントでは列に入れてもらって美しい当時モノを近場で見る機会を頂いております。このクラブの寛容さに感謝すること頻り。熱き80年代を今に召喚してくれる皆様の更なるご検討を陰ながら応援しております。

テーマ:YAMAHA - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 職場の上司R氏が限定解除して3型カタナを購入された。旧車このくらいの年式になると後々の事が心配で、諸手を上げて歓迎できない機種も多いが(R氏の人格も考慮して)コレなら大丈夫だろうと素直に喜ぶことができた。旧車乗りに必要なのはメンテのスキルよりも自己責任能力だと思う。
SUZUKIスズキ GSX750S3(KATANA)3型カタナGSX750S3刀84年型GR72Aレッドバロン藤枝ツーリング寿園 CAFE(カフェ・喫茶) 静岡県島田市川根町家山4153−7ライダースカフェ
 川根のライダースカフェ「寿園」前でインスタに収まったR氏と愛機3型カタナ。モノトーンだがコントラストが何処の風景にも映える。私の愛機も同じ機種名の750カタナ(Ⅰ型)だがイメージを踏襲しながら全く違うマシーンに進化しているのは素晴らしい。文字通り伝統工芸のようなⅠ型Ⅱ型に対し、当時流行ったSFに登場する宇宙船のようなシルエットはアニメと違うオトナの近未来メカ感抜群。また70年代初め社会現象にもなったスーパーカーの象徴リトラクタブル・ヘッドライトは、その作動ギミックと共に満足感の高いアイテム。城郭の柱ような濃い金色の角パイプ・フレームもレーサーレプリカなみのハイスペックを予感させてくれる。
 正常進化したカタナだったが翌年85年、世界的なレーサーレプリカ・ブームとスズキの主力GSX-Rシリーズ発売に飲み込まれていく。レーサーレプリカはスタイルもスペックもわかりやすかったが、やはり飽きが来るのも早かった。その後はネイキッド、ストリート、アメリカン、ビッグスクーター…と今思うと独創性に欠ける流行りものが跋扈し、3型カタナはその強烈なアイデンティティー故にマイナー車の烙印を押されていった。だから私も大好きなバイク。燃料計装備の4型も捨て難いがカラーリングはやはりこの3型がイイ。上司R氏もこのSF的スタイルがお気に入りらしい。私もこういうハーフカウルでエンジンが美しいバイクが好き。
 写真は紅葉も桜も有名な川根家山のライダースカフェ「寿園」様による。R氏とは旧知の仲。同店のフェイスブックを見てもお客の多さからオーナーの人望と繁盛ぶりがわかる。山奥なのでバイクなら密の心配もない。私もぜひ行ってみたい地元バイク乗りの名所。

テーマ:ライダーズカフェ - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 タイヤはバイク屋か量販店に交換を頼めば工賃と相殺してくれるので処分に困ることはない。スクーターの場合リアホイールの脱着に工数を要するが、それを除けばチェンジャーを使って僅か数分。(私のように)タイヤレバーでホイールを傷付けながら小一時間も掛けて交換する奴は珍しい。

 しかも交換した新品タイヤのビードがハマらずエアが入らない。バイク屋ならコンプレッサーで空気を入れるので一瞬だが、私はタイヤ外周にタイダウンを巻いて締め上げビードをリムに落とす。そしてすり減った古タイヤが残る。数本貯まったすり減った古タイヤを処分に持って行く。
タイヤ処分YAMAHAヤマハGEARギアCニュースギア4KN/UA03J集配業務ビーウィズ3AA型BWS50ベンリィプロ(ベンリィ110)AA03E(JA09E)型JBH-AA05ビジネス 県営興津団地KANERU-Sあんだあ☆びれっじ REDWINGS‐RPP魔輝屋BWSビーウィズ3AA新聞配達BA50N.UA06J.UA07J,UA08J
 一本くらいと油断していると数本貯まって場所を取るようになる。積み込んだ三本の古タイヤはリード90から外したもので全部100/90-10。通勤用なので真ん中だけ減っているが生地が薄くなっているため、タイヤ剛性がなく路面のギャップを拾って走りにくい。無論雨の日は盛大に滑る。

 最初は家から数分の市営のゴミ処理場に頼もうとしてが「なんでも引き取る」はずの処分場がタイヤだけはダメと云う。確かに公営の処分場で処分できたら、業者が個人を装って古タイヤを持ち込んでしまう。ならせめて有料で引き取ってもらいたいものだ。だから不法投棄がなくならない。

 古タイヤとバッテリーの処分は昔から面倒だったが、それでもバッテリーはリサイクル業者が無料で引き取ってくれることもある。古タイヤも昔はチップにして輸出してしまう業者もいたが、今は発展途上国でもウルさい。これは仕方がないというより経済が発展する過程で当然のこと。規制の緩い国や地域を、いつまでも体の良いゴミ捨て場と考えるのは道義的に許されない。またそんなカビの生えた思考でいる業者は生き残れない。

 今回いつも有料で処分を頼んでいた旧知の業者に、有料でも断られてしまった。コロナ禍で輸出が滞っているらしい。こういう時は他を当る。ルートが違うとOKしてくれる業者もいるからだ。旧知の取引先でも拝む様なことは絶対しない。業者にも客にも、少々顔見知りになると馴れ馴れしくやたらと値切ったり少しでもボろうとするバカがいる。しょぼい商いで数千円数百円をケチって信用を落とすことはない。「俺に逆らうと商売できなくなるぞ」とかホザく文字通りのクズもいたが、そんな奴に限って潰れるのも早かった。また恩着せがましい業者もパス。見返りがないと逆恨みするからだ。商売持ちつ持たれつ。自分の得だけ考える奴は失敗する。

 今回は一本当たり500円の処分料でOKしてもらった。捨てるだけで合計1,500円の出費は安くはない。だがタイヤチェンジャーを借りれば2,000~3,000円の交換工賃を自分でやってタダにしているので、それでも節約できている。いやいや交換と処分方法の勉強か研修と思えば実に安いもの。

テーマ:バイク処分原付回収 - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
 80年代の原付はスクーターを除けばほとんどが6V。私の初めてのバイクであるAR50(規制前83年型)も6Vで、ヘッドライトはお世辞にも明るくなかった。でも若かったせいか特に不満もなく毎晩走り回っていた。逆に今はアフターパーツが充実しているため、いろいろと試してみたくなる。
PH7電球LEDバルブYAMAHAギアGEAR-Cヤマハ4KN/UA03JニュースギアUA06JホンダベンリィBENLY(ベンリィ110)ズーマーXZOOMER県営興津団地KANERU-Sあんだあ☆びれっじ REDWINGS‐RPP魔輝屋KROG新聞配達郵便宅配ヤマハ発動機スクーターBWS(ビーウィズ)3AAエンジン
 ギアCと同じ2stニュースギアは仕事で計3台も乗り潰したが、さほどスピードを出さなかったためかライトが暗いとは思わない。が先にFZ250の異形ヘッドライトに組んだLEDバルブが思いのほか明るく、ギアでも試してみたくなった。ヤマハ車は基本的にヘッドライトは明るいほうだがアフターパーツは使って見るまでわからない。高価なパーツが大失敗なのもイヤなので、とりあえず送料込み千円ほどの安価な海外製を発注してみた。
PH7電球LEDバルブYAMAHAギアGEAR-Cヤマハ4KN/UA03JニュースギアUA06JホンダベンリィBENLY(ベンリィ110)ズーマーZOOMER県営興津団地KANERU-Sあんだあ☆びれっじ REDWINGS‐RPP魔輝屋KROG新聞配達郵便宅配ヤマハ発動機スクーターBWS(ビーウィズ)3AAエンジン
 金属製の筒の両面に平型LED素子が少し位置をずらして付いている構造。値段に関係なくアフターのLEDバルブは、だいたいこんな形状をしている。位置を前後方向にズラすことでリフレクターの反射角度を変え、ハイビームはスポットに、ロービームは拡散する配光にしていると思われる。結果から言うと配光にムラが大きくて景色が見にくい。これは失敗。
PH7バルブLED電球YAMAHAギアGEAR-Cヤマハ4KN/UA03JニュースギアUA06JホンダベンリィBENLY(ベンリィ110)ズーマーXZOOMER県営興津団地KANERU-Sあんだあ☆びれっじ REDWINGS‐RPP魔輝屋KROG新聞配達郵便宅配ヤマハ発動機スクーターBWS(ビーウィズ)3AAエンジン
 というわけで数日で元のハロゲンに戻した。夜間撮影ではLEDはブルーにハロゲンは赤っぽく写る。弁護するわけではないが、これはライトレンズとの相性が悪かったと思う。アフターパーツにはこんな相性や個体差のようなものがある。ギアのヘッドライトは上下を切り落としたような横長の形状。円形のヘッドライトなら効果あるかもしれない。LEDバルブは多種多様な品が安価で出回っているので、また別の方法で試してみたい。

テーマ:旧車、チューニング - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード