FC2ブログ

火薬御飯

 例年6月に開催されるル・マン24時間レースは今年は8月に延期されたらしい。以前はスタートとゴールの他、途中経過のダイジェストなど特番で放送されたが今はBSのスポーツ枠か。知名度も認知度も以前ほどではないにせよ、ここ数年はトヨタが連覇。レース界に新たな伝説を打ち立てた。
トヨタ・TS050 HYBRID (Toyota TS050ハイブリッド TOYOTA GAZOO RacingS.ブエミ/中嶋一貴/B.ハートレイ3,700ccV8NA2,400ccV6直噴ツインターボポルシェ・アウディ24 heures du Mansル・マン24時間耐久レースFIA世界耐久選手権TGR#タミヤフェア2018taniya fairツインメッセ静岡
 そのトヨタ・ガズー・レーシングが2016年から投入し改良と熟成を重ねるディフェンディング・チャンピオンがトヨタ・TS050ハイブリッドだ。エンジンは3700㏄のV8ノーマルアスピレーション(自然吸気) から2400㏄のV6直噴ツインターボに進化。惜勝を繰り返し徐々に実力を上げていく。
トヨタ・TS050 HYBRID (Toyota TS050ハイブリッド TOYOTA GAZOO RacingS.ブエミ/中嶋一貴/B.ハートレイ3,700ccV8NA2,400ccV6直噴ツインターボ24 heures du Mansル・マン24時間耐久レースFIA世界耐久選手権TGR#タミヤフェア2018taniya fairツインメッセ静岡
 外観上ではヘッドライトがLEDに変更された他サイドのダクトやミラーの形状等が変わっている。ハイブリッドの蓄電装置等は明らかに時代の流れだが、文字通り実戦での耐久テストやレース結果から得られるセールスバリューは、個々のサプライヤーに至るまで全世界で通用するものだ。
トヨタTS050ハイブリッドTS050 HYBRID8号車TOYOTA GAZOO Racing チャージマツダ787B CHARGE MAZDA787Bマツダスピード(55号車18号車)24 heures du Mansル・マン24時間耐久レースFIA世界耐久選手権 (WEC)トヨタ・ガズー・レーシングTGR#タミヤフェア2018静岡TAMIYA fairツインメッセ静岡
 ル・マンといえば有名なのが日本中が歓喜に湧いた1991年のチャージマツダ787Bの総合優勝だ。詳細はNHK人気番組だった「プロジェクトX挑戦者たち」のアーカイブスの多少ドラマ仕立てな動画が詳しい。だがそのドラマチックな演出も、当時を知る者ならけして大げさではないとわかる。
チャージマツダ787B CHARGE MAZDA787Bマツダスピード(55号車18号車)レナウン チャージRENOWN CHARGE フォルカー・ヴァイドラー ジョニー・ハーバート ベルトラン・ガショー寺田陽次郎4ロータR26B1991年ル・マン24時間耐久レース総合優勝24 heures du MansFIA世界耐久選手権TGR
 ボディカラーのオレンジとグリーンの境に縫い目ラインはバブル期に絶大な人気を誇ったレナウンのアパレルブランド「チャージ」がモチーフ。エンジンは4ローター2600㏄の26B。1ローターあたり3プラグ。ペリフェラルポートに可変吸気等。トランスミッションが24時間に耐えられないため目標値の800ps/10000rpmから700ps/9000rpmに抑えていたという。
チャージマツダ787B CHARGE MAZDA787Bマツダスピード(55号車18号車)レナウン チャージ CHARGE RENOWNフォルカー・ヴァイドラー ジョニー・ハーバート ベルトラン・ガショー寺田陽次郎4ロータR26B1991年ル・マン24時間耐久レース総合優勝24 heures du MansFIA世界耐久選手権タミヤフェア2018静岡TAMIYA fairツインメッセ静岡
 この通称「55号車」が総合優勝した787Bそのもの。現行の凝ったラインと違ってシンプルなプロトカーはプラモデルやミニカーなどで大人気となり子供でも知っていた。当時ル・マン24時間耐久レースはいわゆる地上波でも大々的に中継され、自動車メーカー・マツダの人気も大いに高めた。
チャージマツダ787B CHARGE MAZDA787Bマツダスピード(55号車18号車)レナウン チャージ CHARGE RENOWNフォルカー・ヴァイドラー ジョニー・ハーバート ベルトラン・ガショー寺田陽次郎4ロータR26B1991年ル・マン24時間耐久レース総合優勝24 heures du MansFIA世界耐久選手権TGR
 90年代、峠にマツダ・ファミリア(BD~BF)が多かったのもネームバリューあってのことかもしれない。今年はそのルマン日本車初優勝から30周年。モータースポーツの勢力図もずいぶん変わったが、中国や韓国など新興勢力が全く追い付けないレース界で日本車は今もトップの実力を誇る。
チャージマツダ787B CHARGE MAZDA787Bマツダスピード(55号車18号車)トヨタTS050ハイブリッドTS050 HYBRID8号車TOYOTA GAZOO Racing24 heures du Mansル・マン24時間耐久レースFIA世界耐久選手権 (WEC)トヨタ・ガズー・レーシングTGR#タミヤフェア2018静岡TAMIYA fairツインメッセ静岡
 実車展示は2018年静岡ツインメッセのタミヤフェアの一角。自衛隊の戦車から世界に数台のプロトカーまでタミヤで力量あっての展示。無論これは単なるエキジビションではなく、実物のスポーツカーとスケールモデルの再現度を「比べてみろ!」というタミヤの職人気質あっての実車展示。

テーマ:ルマン24時間 - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
 スポーツ・カーといっても、あまり大きなクルマは苦手な私はMR2(AW11)に乗っていました。 御存知の通りAE86は値上がりが凄まじく、その点MR2は比較的安値。エンジンは4AGありき。そんなワケで友人にも容赦なくレビトレを勧めてしまいました。走り屋仕様ならなおさらです。
トヨタAE-111トレノ ・レビン4AGホテルアンビ・ア松風閣焼津ガス駐車場静岡県焼津市浜当目
 このAE111もオーナーは女性。レビンかトレノだったか忘れました。VOMEXだかヴェルサイドだったかのエアロに、フジツボ?のマフラー、トムス井下駄のようなコテコテの仕様。国内スポーツは1.6くらいが調度イイ。レビトレはFFになっても健在。アフターパーツが豊富なのもオイシイところでした。ただ最近のトヨタは一定期間売りまくると、レビトレ然り、スターレットもアルテツッアも、さっさと放り出して次に行ってしまうため伝説が残らない。ブランドが育成されないのは残念なことです。

 Zやスカイラインが今だに人気のブランドであるのに比べ、セリカやスープラがブランド的にほぼ死滅しているの 否めないところでしょう。この点はGT-RのPL水野和敏氏も日産の美点として上げています。トヨタが商人根性で食い繋ぐ中で、ニッサンの不器用な職人気質は、口煩いマニアも黙らせる説得力を持ち続けています。

 最後に…ニッサン党でブルーバードが好きだったウチの父親は、ブルーバードが消滅して以降セフィーロに乗るようになりました。ただ、途中から FFになったことには気が付いていないようです。

テーマ:トヨタ車 - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
 パンフレットに「原点回帰」とあるように最近の新型車のデザインが流体形から昭和年式のようないわゆる「ツーボックス」形状に戻ろうとしている。その流行の最先端をいくのが新型ジムニー。たしかにこれなら「ジムニーだ」と誰にもわかる。
SUZUKIスズキJimnyジムニー(4代目)XGXCJB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 これまでのSUVやミニバンや果ては伝統のブランドまで、クルマのデザインはまるで美大生の卒業制作のような線図のオブジェが主流。バランスが良く、あるいは黄金比に従って描かれたかもしれない。ただ実用性や生活感にほど遠くマスプロ製品とは思えないオモチャのようなモノばかり。庶民が数百万もはたいて何年も日常的に使う機械とは思えない耐候性の無さ。更に整備や部品交換など(工数や手順を)考えただけで疲れが出そうな複雑な構造体。大手の販売戦略の仇花が街に溢れ、見ているだけでストレスが溜まりそうな車ばかり。車が楽しくない。
SUZUKIスズキJimnyジムニー(4代目)運転席カーナビワンセグXGXCJB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 そこへ行くとこの新型ジムニー。まず伝統の丸いヘッドライト。昔のシールドビーム規格の汎用性の高い形状と察せられる。急角度に立ち上がったピラーに平面ガラス。外が見やすく安全性が向上する。完全に別体のボンネットやグリル。整備性が良く、その結果として維持費が下がり耐用年数が上がる。企業の利益のためには頻繁な買い替えを勧めたかろうが、同じ車を乗り続ければ廃棄物の減少に繋がる。一台のクルマを大事にすることが、延いては車人口の底上げにもなる。
SUZUKIスズキJimnyジムニーXGXC(4代目)JB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 なにより「これはアウトドアな4WDですよ」とクルマのほうから主張するようなデザイン。旧来のクルマはレターやエンブレムを見付けるまで車種はおろかメーカーもわからなかった。用途がわかりやすいと(実際使うかはともかく)夢が膨らむ。実際に使わなくてもいい。皮算用だけでもオーナーの日常は豊かになる。事実550ターボ(JA71)に3人乗ってスキーに行った時はかなり疲れた。だから思い出になった。それがないと愛着が湧かず手放すのが早くなる。クルマは「なんでもいい」と思われるから車離れが加速した。実際キャンプに行くかはわからない(たぶん行かない)。でもその夢を描かせてくれる機械なら、所有する価値がある。

テーマ:スズキ ジムニー - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
ホンダ車はレース仕様になると妙にカッコイイ。もともと四輪は対象外で、まして安全性と快適性ばかりでヤル気をなくしたような最近の乗用車なんぞに興味はなかった。ついでにスペックは超一流だがオマージュばかりで「なにをしたいのかわからない」最近のホンダなど論外。でもコレはカッコイイ。こういうのがホンダらしい。
ホンダ・N-ONE(エヌワン)JG12型N-BOX(エヌ ボックス)N-VAN(エヌ バン)NバンJJ12アクティバンHA6・7HH5・6アクティHA8・9バモスHM12学校法人ホンダ学園 ホンダテクニカルカレッジ本田学園N-ONEオーナーズカップ参戦車両NEOPASA清水(上下集約)新東名高速道路E1A
ホンダは元々レースをやりたくて仕方がないメーカーだった。無論レースだけでは食っていけない。そこで市販車を作りながら高性能を探求するのだが高度経済成長期、交通事情も悪く事故が多発したためスポーツカーの認可は厳しかった。そこでホンダは極普通の外観の乗用車や果てはトラックにまでハイスペックなエンジンを積み込む。我々の世代ならシビックSiのような普段乗れて峠でも速いクルマがホンダだった。今でいうならGRヤリスをもう少し庶民的にしたようなBセグメント小型乗用車だ。するとスタンダード仕様からレプリカを作ろうとするムーブメントが起こる。その大半は素人の日曜大工的ブサイクな族車だがそれが妙に楽しい。
ホンダ・N-ONE(エヌワン)JG12型N-BOX(エヌ ボックス)N-VAN(エヌ バン)NバンJJ12アクティバンHA6・7HH5・6アクティHA8・9バモスHM12学校法人ホンダ学園 ホンダテクニカルカレッジ本田学園N-ONEオーナーズカップ参戦車両サービスエリアNEOPASA清水(上下集約)新東名高速道路E1A
その過程で自分の手を汚した自負と愛着の宿った一台が生まれる。それに命を乗せて走ればドラマは無限に書ける。創業者も同じ思いだから乗る側にもわかりやすかった。それは安全とか快適とはかけ離れた代物かもしれないが、走りに集中する中で日常のストレスを燃焼させ感動や刺激に変えてくれるマシーンだった。

テーマ:高速道路・SA・PAなど - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
 1960年代に世界で最も高価な高級車はロールスロイス、もっとも安価な車はBMC・ミニ…という話題が福野礼一郎氏の記事にあった。共に英国製でほとんど形を変えず数十年に渡って作り続けられた伝統のブランド。
ロールスロイス・ゴースト シリーズII ROLLS-ROYCE GHOST SERIES II ロールス・ロイス・モーター・カーズ(Rolls-Royce Motor Cars)レイス(Wraith)ファンタム(Phantom)スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy BMW Motorrad RB211
 世界中のセレブと高級車の代名詞、ロールスロイス。パルテノン神殿を模したと云れるフロントグリルの上に通称フライングレディ(スピリット・オブ・エクスタシー)像。威厳の漂うオブジェを前面に配し威圧感を与えて庶民に道を開けさせるような面構え。ミニの愛らしく親しみ易そうな外観とは対照的に 実はソレが意匠上の安全対策にもなっているという。更に好奇心旺盛な子供でもいやがりそうな伝統の「オバケ」の車名。欧州の決して広くない街中で要人を安全かつ平穏に運ぶべく静かに睨みを利かせる。

 ロールスもミニも今はBMW傘下の現行車だが最近の意匠のトレンドに則り現行の装備を盛り込みながら旧型のブランドイメージを巧く受け継いでいる…というのが福野の見解だったと思う。ホンダが最近これを取り入れようとしてイマイチ昇華できないのに比べ海外のデザインはコレが抜群に巧い。

 個人的にスーパーカーとはSFと日常の間にあるモノだと思っている。富豪が買うのは節税対策。普段から乗るものでもない。エンツォも自社の車には乗らず普段はアウディに乗っていたという。エンツォとフェルッチオ・ランボルギーニは仲が悪くレーシングスポーツに対するスタンスが逆なのでスーパーカーの定義は曖昧になり易い。
ランボルギーニ(Lamborghini)ウラカン(Huracán)LP610-4スーパートロフェオ ガヤルド(Gallardo )LP570-4 スーパーレジェーラAudiR8アウディR8ムルシエラゴ(Murciélago )アヴェンタドール(Aventador )レヴェントン(Reventon )ヴェネーノ(Veneno)カウンタック(Countach)ディアブロ(Diablo)
 ガヤルドの後継機となるウラカンはムルシエラゴ似の気もする。ムルシエラゴは初代カウンタック同様の構造の手間隙掛かった本格派だったがウラカンはガヤルドと同じくアウディがベースと思われる。捨てるほど金があったら、一台買って床の間に飾っておくのも良いかもしれない。欲しいのはこのスタイルであって中身が何だろうと関係ない。
フェラーリGTC4ルッソ(Ferrari GTC4 Russo)330GTC 356GTC 250GTCルッソ・フェラーリFF(Ferrari FF Ferrari Four)ポルシェ(Porsche A.G.)パナメーラ(Panamera )2016 PREMIUM WORLD MOTOR FAIR プレミアムワールド・モーターフェアツインメッセ輸入車ショー
 フェラーリGTC4ルッソは4シーターになっている。パナメーラよりもGT-R辺りを意識しているかのようだ。ランボルギーニもフェラーリも、プレミアム・モデルやホモロゲ・モデルは定期的に作るだろうから、量産型が鈍らになってもブランドイメージは変わらない。F12ベルリネッタ似なのも上手い。フェラーリは技術よりもブランドイメージで商売にしている。
MCLAREN S70GT 570GT mclaren S40C マクラーレン・レーシング・リミテッド(McLaren Racing Limited)CEOロン・デニス のゴードン・マレー・マクラーレンF1 570S(McLaren 570S)2016 PREMIUM WORLD MOTOR FAIR プレミアムワールド・モーターフェアツインメッセ輸入車ショー
 F1もホンダも昔の面影もないがロン・デニスはがんばっていた。F1GTRの後はメルセデスSLRのような作り方をするのかと思ったら ロードカーもしっかり出してきた。景気悪化の中にあってクライスラーとの提携など問題もあったが、ちゃんと新型を開発。ロン・デニスやっぱスゴい。

 クライスラーやカマロなど 最近のマッスル系アメ車は国内でもよく見掛けるようになったし違和感もない。60~70年代のムダにデカく北米大陸以外走れないような、いわゆる「アメ車」は鳴りを潜める、世界標準に収まっている。往年のアメ車イメージはそのまま日本でも普通に走れる。
テスラ・モデルX(Model X )クロスオーバーSUV電気自動車テスラモーターズ(Tesla Motors, Inc.NASDAQ TSLA)特斯拉汽車테슬라 모터스イーロン・マスク(Elon Musk)2016 PREMIUM WORLD MOTOR FAIR プレミアムワールド・モーターフェア
 入り口付近に鎮座したSUVテスラ・モデルⅩ。ニュースでちょっと見たことがある。創立者はスペースX社も兼ねるイーロン・マスクCEO。アメリカン・ドリームを地で行くような事業家だがこのクルマが日本でウケるかどうかはまた別問題。過去に「日本車キラー」との振れ込みで華々しく登場したが戦わずし惨敗したクライスラー・ネオンなんて車もあった。日本人の嗜好がわかっていなかったようだが米国人が日本をどう見てるかわかった気がした。

 ハイブリッドは趣味的には全く「NO」だが電気自動車はあってもイイと思っている。近年ガススタと閉店が多く田舎は深刻だ。だが田舎は昔からの道が狭く最近のムダにデカい車は古い車庫に入れないとか角を曲がれないなんて話が実際にある。こうした単価の安い仕事はメーカーも役所もあまり積極的でない。製造コストばかり考え海外の規格に合わせると、車がデカくなる。日本車が大きくなり過ぎて乗りにくくなった要因。

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード