FC2ブログ

火薬御飯

Category :  四輪
tag : 
 パンフレットに「原点回帰」とあるように最近の新型車のデザインが流体形から昭和年式のようないわゆる「ツーボックス」形状に戻ろうとしている。その流行の最先端をいくのが新型ジムニー。たしかにこれなら「ジムニーだ」と誰にもわかる。
SUZUKIスズキJimnyジムニー(4代目)XGXCJB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 これまでのSUVやミニバンや果ては伝統のブランドまで、クルマのデザインはまるで美大生の卒業制作のような線図のオブジェが主流。バランスが良く、あるいは黄金比に従って描かれたかもしれない。ただ実用性や生活感にほど遠くマスプロ製品とは思えないオモチャのようなモノばかり。庶民が数百万もはたいて何年も日常的に使う機械とは思えない耐候性の無さ。更に整備や部品交換など(工数や手順を)考えただけで疲れが出そうな複雑な構造体。大手の販売戦略の仇花が街に溢れ、見ているだけでストレスが溜まりそうな車ばかり。車が楽しくない。
SUZUKIスズキJimnyジムニー(4代目)運転席カーナビワンセグXGXCJB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 そこへ行くとこの新型ジムニー。まず伝統の丸いヘッドライト。昔のシールドビーム規格の汎用性の高い形状と察せられる。急角度に立ち上がったピラーに平面ガラス。外が見やすく安全性が向上する。完全に別体のボンネットやグリル。整備性が良く、その結果として維持費が下がり耐用年数が上がる。企業の利益のためには頻繁な買い替えを勧めたかろうが、同じ車を乗り続ければ廃棄物の減少に繋がる。一台のクルマを大事にすることが、延いては車人口の底上げにもなる。
SUZUKIスズキJimnyジムニーXGXC(4代目)JB64型JB43WジムニーワイドJB33ジムニーシエラJB43ランドベンチャーJB23新東名高速道路NEXCO中日本サービスエリア中部横断道NEOPASA清水ネオパーサ清水
 なにより「これはアウトドアな4WDですよ」とクルマのほうから主張するようなデザイン。旧来のクルマはレターやエンブレムを見付けるまで車種はおろかメーカーもわからなかった。用途がわかりやすいと(実際使うかはともかく)夢が膨らむ。実際に使わなくてもいい。皮算用だけでもオーナーの日常は豊かになる。事実550ターボ(JA71)に3人乗ってスキーに行った時はかなり疲れた。だから思い出になった。それがないと愛着が湧かず手放すのが早くなる。クルマは「なんでもいい」と思われるから車離れが加速した。実際キャンプに行くかはわからない(たぶん行かない)。でもその夢を描かせてくれる機械なら、所有する価値がある。

テーマ:スズキ ジムニー - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
ホンダ車はレース仕様になると妙にカッコイイ。もともと四輪は対象外で、まして安全性と快適性ばかりでヤル気をなくしたような最近の乗用車なんぞに興味はなかった。ついでにスペックは超一流だがオマージュばかりで「なにをしたいのかわからない」最近のホンダなど論外。でもコレはカッコイイ。こういうのがホンダらしい。
ホンダ・N-ONE(エヌワン)JG12型N-BOX(エヌ ボックス)N-VAN(エヌ バン)NバンJJ12アクティバンHA6・7HH5・6アクティHA8・9バモスHM12学校法人ホンダ学園 ホンダテクニカルカレッジ本田学園N-ONEオーナーズカップ参戦車両NEOPASA清水(上下集約)新東名高速道路E1A
ホンダは元々レースをやりたくて仕方がないメーカーだった。無論レースだけでは食っていけない。そこで市販車を作りながら高性能を探求するのだが高度経済成長期、交通事情も悪く事故が多発したためスポーツカーの認可は厳しかった。そこでホンダは極普通の外観の乗用車や果てはトラックにまでハイスペックなエンジンを積み込む。我々の世代ならシビックSiのような普段乗れて峠でも速いクルマがホンダだった。今でいうならGRヤリスをもう少し庶民的にしたようなBセグメント小型乗用車だ。するとスタンダード仕様からレプリカを作ろうとするムーブメントが起こる。その大半は素人の日曜大工的ブサイクな族車だがそれが妙に楽しい。
ホンダ・N-ONE(エヌワン)JG12型N-BOX(エヌ ボックス)N-VAN(エヌ バン)NバンJJ12アクティバンHA6・7HH5・6アクティHA8・9バモスHM12学校法人ホンダ学園 ホンダテクニカルカレッジ本田学園N-ONEオーナーズカップ参戦車両サービスエリアNEOPASA清水(上下集約)新東名高速道路E1A
その過程で自分の手を汚した自負と愛着の宿った一台が生まれる。それに命を乗せて走ればドラマは無限に書ける。創業者も同じ思いだから乗る側にもわかりやすかった。それは安全とか快適とはかけ離れた代物かもしれないが、走りに集中する中で日常のストレスを燃焼させ感動や刺激に変えてくれるマシーンだった。

テーマ:高速道路・SA・PAなど - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
ガソリンスタンドが昔より減ってしまった昨今では電気自動車という遊園地の乗物みたいな車も致し方ないのかもしれない。ただ実際自分が「乗る」となったら 異様な小ささと華奢な外観は怖い。イセッタやメッサーシュミットのようなバブルカーと思えば我慢できそうだが 私なら中古のミゼットⅡを探す。
Honda MC-β 葵タワー 1Fロビー
いや…これならタタ・ナノのほうがイイな。個人的に四輪は2シーターばかり乗ってきたがいくら小型でも定員2名はやはり不便だ。それならバイクで事足りる。また いくら便利でも(特に電気自動車は)車両価格が高い。端から年寄を狙ったような外観もイマイチ。もっと普通のクルマ風に。若者ウケしそうなスタイルが良い。

鈴木修社長は「軽(自動車)は貧乏人の乗り物。スポーツカーは要らん」とおっしゃる。スポーツが売れないわけではなく四人乗れないと成立しないことは水野和敏氏も強調している。現にスズキではアルトワークスもしっかり売れていた。前後2名はちょっと割り切り過ぎ。ホンダのことだから理論的には間違いないしスペックもスタイルも最高品質。販売力であるていど売り切ってしまう。ただ最近ホンダはちょっとスベっている。計算詰めで庶民感覚を忘れている。世界企業の一流の頭脳達が知恵を絞っても ヒット商品を作るのは難しい時代になりつつある。

テーマ:電気自動車 - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
 久しぶりに実車を間近で見ると現行のガヤルドやムルシエラゴのようなレプリカとは全く違うクルマだと気が付く。車高が低い以上に全体に意外と小さい。無論チープな風は微塵もなく コンパクトにまとまった感じが強い。この雰囲気が良い。
ランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghini Countach)SSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランTAMIYAタミヤBANDAIバンダイ青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show
 スーパーカー・ブームの頃はいかにも”未来の乗り物”というか まるで宇宙船か何かみたいに見えたが 今見ると最近の車のようなゴテゴテした虚飾がなく シンプルな全体形のカッコ良さだけが印象的。 カウンタックを含む多数の名車を世に送り出したカロッツェリア・ベルトーネは既に見る影もないがコーチビルダーという体制があってできたこの凄まじいカリスマ。色褪せるどころか更なるオーラを放つ。
ランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghini Countach)SSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランBANDAIバンダイTAMIYAタミヤ青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show
 プラモデルを先に知ってしまったためどうもソチラの思い出ばかり浮かんでくるが現物が存在する上でのスケールモデル。正直いて古いクルマやバイクを所有して維持に苦労してきた者としては家に置きたいとは思わない。車は使ってナンボ。ガンプラやミリタリーと同じく実車は眺めているだけで充分満足。ただ子供の頃こうしたスーパーカーに憧れ 大人になって夢を実現できた人は偉いと思う。
青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show静岡ホビーショー2010TAMIYAタミヤBANDAIバンダイSSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghi
 実車カウンタックを召還してくれたのは デコトラや街道レーサーから最近は痛車(アオシマ商標)まで何でもヤッてくれる青島文化教材様。その歴史は老舗タミヤより古く 逆に発想は常に奇抜。とりわけ今更的なランボルギーニも「合体カウンタック」という異端を売りまくった庶民のメーカー“アオシマ”らしいラインナップ。

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード