FC2ブログ

火薬御飯

Category :  新聞配達ギア
tag : 
 新聞配達用のニュースギアのアフターパーツの一つ(写真中央)で、たぶん台湾製。ヤフオクの新品一発落札で3,800円だったと思う。 仕事の時は たいへん乗り易くなって良かったのだが、街乗りだと 少々硬く 後ろが下がり過ぎる。
ニュースギア新聞配達用サスペンション
 いちばん上の黒く細長いサスが、今日仕入れた(たぶん)ノーマル。自由長は300mmある。真ん中の青いスプリングのサスが その業務用。長さは2cmほどノーマルより短いが、新聞配達は低速走行で過積載なため、多少堅くても、跳ねない(ムダに動かない)サスのほうが走りやすい。いちばん下の赤いヤツは、たぶんデイトナ製で、業務用よりさらに短い。 おそらくホンダ車用の自由長275mmのヤツだが、車種によってはスプリング上部(画像右)が車体取り付け部分のフレームと干渉して使えない。因みに、ニュースギアは不可。

つまり新聞配達用に改造した車体を、普通のスクーターに戻そうとしている。デカくて重いが、この積載性と安定性 大容量の燃料タンク(8L)は捨て難い。
4KN(UA03J)ニュースギア
 数年前、やはりヤフオクで購入した時点で、”寄せ集め”くさい車体なのは承知していた。(注*保障が欲しいヤツは ヤフオクを使うべきではない!)いわゆるイジリ壊しを繰り返し、中古エンジンを載せ代えるハメになったが、おかげで、このスクーターに詳しくなったし、いろいろと勉強させてもらった。

以下はクソの役にも立たないギアの雑学!!

 ギアという呼称は大別すると2種類、現行の4ストローク(BX50N、UA06J)と、1996~2007年に生産された2ストローク(BA50N、4KN、UA03J)があるが、この形式名称が曲者。ここでは2ストロークについてのみ記述する。以下はカタログ上の区分だが書類上は記載されないのと相互にオプションの設定がされているため、中古車市場では ほとんど意味が無い名称。

 BA50:
 この形式名そのものがあまり使われないがメーカーサイトでは こう呼ぶ。BA50はスタンダード。ハンドル左右に前後輪ブレーキレバーがある普通のスクーター。 右側ブレーキレバーにはレバーロック機能があるがアソビの関係で ほとんど役に立たないのはカブと同じ。カラーはソリッドホワイト、同ブラックの他、黒(濃緑?)メタリック(名称:オールラウンド)仕様が存在。
ヤマハ 4KN ギア All Round オールラウンド
 
 BA50N:
 いわゆるニュースギア。後ブレーキが右フットペダルになる。大型の荷台と同じく大型の前カゴを標準装備。新聞配達は 足ブレーキでないと使い難い。前カゴの形状はメイトと同じだが、取り付けステーの位置が少し違う。新聞配達はカゴの下に純正の鉄板を入れないと重みで歪んで壊れるのが早い。
 
 BA50NH:
 ニュースギアにグリップヒーター装備の型。前カゴと荷台は当然付く。このグリップヒーターを使うと、走行性能は変らないが、燃費がかなり悪くなる。黒のニュースギアをよく見掛けるが、カタログには存在せず、販売店側が顧客の要望で、どちらかのオプションを付けて 仕上げたものだと思う。
 
 BA50S:
 パーキングスタンドが付いた型。ブレーキは左右ハンドルにある。この型でフットブレーキはまだ見たことがないが、オプションとして設定があるらしい。屋根付きやピザ屋さんなら、こちらのほうが使い易いのかもしれない。サイドスタンドは全車標準装備で、戻し忘れ防止用の点火カット機能も全車に付く。
 
 BA50ST:
 パーキングスタンド装備の”S”に、リアボックスを標準装備の型。何故そんな仕様があるのかと言えば、ギアは「ヘルメットが入らない」からだろう。こちらもフットブレーキやグリップヒーター標準装備はない模様。パーキングブレーキ用ペダルの穴は全型に付いているので、これも全車 オプションで付けられる。結局、中古でリアのボックスを外してあったら、区別がつかない。
 
 BA50C:
 ギアCのこと。BA50に ビーノのハンドル周りを移植している。レッドとブラックが基本色だが、インナーが グレーでなく 黒なので精悍に見える。未だに新車を見掛けるが、似たような形のヤマハVOXのほうが使い勝手が良さそう(店頭価格も安い)。フロントフェンダーだけ 専用部品のようだ。

 以上は装備の違いで、それぞれオプションで用意されているので、新車販売されて以後は、ほとんど区別が付かない上、書類にも記載されていない。書類(登録)上の形式名称は4KNだが、フレームナンバーは前期型:4KNと後期型:UA03Jの2種類が存在する。 全年式を通して、上記の標準装備の違いによるサブネームが形式名称4KNの次に付く。1996~2000年迄の前期は4KN-が数字の1~9。後期の2000~2007年はアルファベットのA~R(?)が当てられている(らしい)。以下、フレーム番号からの前期・後期の区分。

 前期型(4KN-)1996年~2000年生産型
 マフラーが初代BW'sに良く似た一体型で、触媒が無い。駆動系の部品に3AAという品番があるのは、この初代BW'sからの流用品。リアブレーキのドラムが標準型メイトと同じモノだが、これはスーパーカブと共用できる。フロントドラムはより大径でニュースメイト(4AU/4AV/3KG…)と同型。このフロントブレーキシューは TW200(2JL)やドラッグスター250(VG02J)リア用とも共通の品番で非常に良く利く。そのため ハンドル切れ角の大きいニュースギアで 初心者の“ 握りゴケ ”が頻発する。シリンダー周辺は2JA以降の後期縦型とほぼ共通。後期型との外見の違いはマフラーのみだが、イジって速くなるのは前期型。
 
 後期型(UA03J-)2000年~2007年生産型
 マフラーが触媒入りの2分割の型になった。クリーナー・ボックスのフタ裏側にコンペンセイター(フィルターの汚れに関係なく、燃調を均一化する)が付いた。そのため”煙”は、目で見る限り ほとんど出ない。 キャブセッティングが異なり(メイン:♯88→♯84、スロー:♯40→♯44)、点火もパルサー、CDIとも別物に。リアブレーキシューがフロントと共用になる。 リア・アクスルシャフトの径が太くなった。そのためリアホイールは実は全く別物。 クラッチが3枚→2枚になるが、アウターが共通のため、いちおう流用できる。その他にも、2分割のマフラーを絞めるボルトや、クリーナーの蓋の形状 ネジ数など、年式毎に変更点は多い。組み合わせて使う時は注意が必要だが、各アッセンには互換性がある。

― 追記 ―
 2ストロークのニュースギアは、生産終了を発表した後も(駆け込み需要があったためか)追加生産をした様子が伺える。2007年型は、新型の4ストと旧型の2ストが混在している。それでも、ギアCは未だに新車デッドストックを中古車情報などで見掛ける。4ストロークの新型ギアは海外生産(台湾)のため新車価格が2スト旧型ギアより安い。4スト(UA06J)と2スト(UA03J)では前後ホイールとブレーキシューは共通。…ということはVOX(SA31J・SA52J)のリアホイールまでは共通。

 業務用(新聞屋、ピザ屋…)は廃車後に必ず部品取りに使われ、使えそうな部品をむしり取ったり、丸ごと交換してしまうのは常識。タイヤの交換などは、予備のホイールを用意して ホイールごと交換してしまう。最近は代理店でも「台湾パーツ」等の 輸入補修部品(単価が純正より 遥かに安い)を使うので、中古は「何が付いているか、わかったものではない」のが現状。

 4KNはギア全般の形式名だが UA~の形式名には統一性がない。UA01、UA02 は郵政メイト。UA04は標準型のメイト(2ストローク)、UA05はYB-1、UA06は4ストロークのギア(現行)に当てられている。この UA~は ビジネスモデルを 一括りにしたかった名称のようだ。メイト、YBは既に生産中止(廃版)のため、現行ではヤマハのビジネスモデルはギア(UA06J)のみになった。余談だが メイトは2スト(50、80)4スト(90)共 スーパーカブより整備性が良く堅牢。カブは昔に比べると(速くなったが)耐久性が下がっている。

 エンジン自体が旧型BW'sから発展した「縦型」エンジンのため、駆動系は3AA、シリンダーまわりは2JA(ジョグスポーツ)との共通部品も多く、リードバルブは27V用でも使える。ボアアップキットを組んだこともあったが燃調をジェットで追い切れず止めた。オイル吐出量は電気式ポンプのため調整は不可。初期4KN型は旧型BW's(3AA)クランクケース流用のためマフラーもカバーを除けば同型。実際やってないが(4KNは)たぶんポン付け可能。

 ギアは車重が重いため駆動系チューニング・パーツはたとえ国産(キタコ・デイトナ…)でも耐久性に問題が出る。結局プーリーやウェイトローラーは純正流用が好結果だった。が、ヤマハ純正は値段が高い。前述のノーマルリアサスはグランドアクシスと同長なので使える。レートはたぶん変らない。

 ニュースギア新旧型(2スト・4スト)では 前後ホイールとタイヤだけは共通(F:90/90-12、R:110/90-10)でワンサイズ程度ならサイズアップしても走行性能は変らないと云える。海外製タイヤ(ケンダ・DURO)も特に減り傷みが早いとは感じなかった。ただタイヤが薄くなると路面のギャップを拾い易い。
NEWSGEAR(4KN)+3AA
 因みに私は リアにズーマーと同じ130/90-10インチを履かせたことがあったがキャブ内側のゴム製カバーを少し擦る。駆動系も要セッティングでしかもかなりピンポイントになり登坂力や加速がそうとう落ちる。最高速も車重に負けて伸びないので 見た目重視の“若者仕様”以外はあまりお勧めできない。フェンダーカットも タイヤが太いので泥を巻き上げ易く 後続の迷惑になる。

等々、詳細はいずれ、また…。

テーマ:原付修理マニュアル - ジャンル:車・バイク

Category :  四輪
tag : 
 久しぶりに実車を間近で見ると現行のガヤルドやムルシエラゴのようなレプリカとは全く違うクルマだと気が付く。車高が低い以上に全体に意外と小さい。無論チープな風は微塵もなく コンパクトにまとまった感じが強い。この雰囲気が良い。
ランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghini Countach)SSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランTAMIYAタミヤBANDAIバンダイ青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show
 スーパーカー・ブームの頃はいかにも”未来の乗り物”というか まるで宇宙船か何かみたいに見えたが 今見ると最近の車のようなゴテゴテした虚飾がなく シンプルな全体形のカッコ良さだけが印象的。 カウンタックを含む多数の名車を世に送り出したカロッツェリア・ベルトーネは既に見る影もないがコーチビルダーという体制があってできたこの凄まじいカリスマ。色褪せるどころか更なるオーラを放つ。
ランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghini Countach)SSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランBANDAIバンダイTAMIYAタミヤ青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show
 プラモデルを先に知ってしまったためどうもソチラの思い出ばかり浮かんでくるが現物が存在する上でのスケールモデル。正直いて古いクルマやバイクを所有して維持に苦労してきた者としては家に置きたいとは思わない。車は使ってナンボ。ガンプラやミリタリーと同じく実車は眺めているだけで充分満足。ただ子供の頃こうしたスーパーカーに憧れ 大人になって夢を実現できた人は偉いと思う。
青島文化教材社AOSHIMAアオシマShizuoka Hobby Show静岡ホビーショー2010TAMIYAタミヤBANDAIバンダイSSSA(Sea Side Sports Association)シーサイドモーターRUN RUN. HIDETOSHI SEKIGUCHI.ランアンドラン関口英俊代表(有)ラン・アンド・ランランボルギーニ・カウンタックLP400LP500S(Lamborghi
 実車カウンタックを召還してくれたのは デコトラや街道レーサーから最近は痛車(アオシマ商標)まで何でもヤッてくれる青島文化教材様。その歴史は老舗タミヤより古く 逆に発想は常に奇抜。とりわけ今更的なランボルギーニも「合体カウンタック」という異端を売りまくった庶民のメーカー“アオシマ”らしいラインナップ。

テーマ:スーパーカー - ジャンル:車・バイク

Category :  新聞配達ギア
tag : 
 5月2日午前3時30分、静岡を出発。目的地はとりあえず横川の「おぎのや」。渋滞を避けることよりも、今回ツーリングに使うバイクが仕事中にしか見えないような代物なので人目を忍んで暗いうちに自宅を離れる。なにしろ4月末退職なので業務用のまま。これじゃあツーリングというより新聞配達員の夜逃げだ。

 原付なのでバイパスは通れないはずだが、面倒臭いので惚けて乗ってしまう。降りた所で給油。満タン。ギアはトリップがないのでオドで換算。現在29010km。再び(惚けて)バイパスに乗って国道52号線に入る。 GW初日だが、早朝という事もあって空いていて快適。だが小河内‎を過ぎた辺りで気が付いた。「寒い!」
国道52号線
 道路標識の表示には気温5度とあった。平地は10度くらいだったが、山間地なので致し方ない。天気が良い(快晴!)なのが せめてもの救いだが、日が登るのを待つしかない。此処で カッパ以外の持っている物は全て着込んだ。
ニュースギアnewsgear新聞配達用002
 国道52号線沿いの中部横断道の増穂IC‎付近から国道140号線に入る。時間はちょうど6時、オドは29,096kmなので、家を出て80km、2時間半掛った事になる。このまま140号沿いに行けば 秩父に抜けられるはず。
国道140号線、甲府
 甲府市内の国道20号を横切る。山の中だが静岡市より都会に見える。以前は 韮崎から国道141号線を使ったが、今回は雁坂トンネルを使うつもり。10年ほど前に一度だけクルマで通ったことがあったが原付で抜けるのは初めて。↓笛吹川沿いの雁坂みち(秩父往還・彩甲斐街道)を秩父山地に向って登って行く。
雁坂みち、秩父往還、彩甲斐街道
 この道沿いには 山梨県側だけで 2箇所の道の駅(花かげの郷まきおか、みとみ)があって何かと便利。更に埼玉県側には秩父周辺だけでも3~4箇所もある。無料(たぶん税金)で便利なものはドンドン使わせてもらおう。田舎の貧乏臭いオヤジほど政治談議をしたがるものだが公共事業云々でなく人の創りしものに率直に感動できる時がある。なぜかダムが好きだ。
山梨市(東山梨郡三富村)広瀬ダム
 石を積み上げたような中央遮水壁型ロックフィルダム形式の広瀬ダム。ダムがある所は比較的道が良い。大型の建設器材などを通すため それなりの道路規格が必要だからだ。そのため140号もこの辺りは三桁国道のわりには走りやすい。長らく地図上の点線国道だったが↓雁坂トンネルの開通でやっと繋がった。
雁坂トンネル山梨県側
 標高が高いため山の木々に葉がない冬景色のまま。朝8時くらいだが 対向車線側はツーリングの集団とよくすれ違った。さすがに原付は見掛けなかったが、いちおう通行可。料金は軽自動車等が560円もするのに、原付は70円(普通車の10分の1!)というのはハナから料金収入として期待していなかったのだろう。「原付?通りたければ通れば?」ってか。なにせ対面1車線で全長6kmもある。
雁坂トンネル埼玉県側
 いや~長かった。これがワタシの全力全開!60km/h+で ブっ飛ばしたつもりだったが 案の定ミニバンに後ろに付かれ後続がダンゴになった。ドノーマルのギアの最高速度は55km/h止まりだから ずいぶん速くなっているのだが今のミニバンというヤツは家族全員乗っても速いし坂も登る。そこらのオトーサンが運転していても、マッド・マックスごっこ が いつでもできるくらい進化している。それにしても交通量が少なくて助かる。高速道路ならGWの大渋滞が始まっている時間。
国道140号線、秩父
 期待外れなほど渋滞が無いので、度々止まっては無駄に写真を撮り捲る。この”ムダ撮り”も、デジカメでこそできる技だ。48枚撮りフィルムを現像に出している頃はフィルムがもったいなくてとてもできなかった。 この先になにかと有名な滝沢ダムとループ橋(雷電廿六木橋:らいでんとどろきばし)がある。
滝沢ダム
 以前通った時は大滝村や荒川村だったが、合併で秩父市になったらしい。ここ数年、仕事が忙しく なかなかツーリングや遠出が叶わなかったのだが、その間に新しい道路の開通ならまだ良いのだが、地名が変わってしまった地域があって混乱する。古い地図などを使い続けているとエラい目に合ってしまう。今回は高速道路のサービスエリアで配布しているガイドマップが重宝した。
道の駅あらかわ
 荒川…といえば東京と埼玉の県境にあって河川敷で野球などをする都内を流れる河を思い出すが、その源流が秩父山地から始まっている。 道の駅あらかわは、その周辺の風景が実家を思い出させる(ようするに田舎!)。ちょっと道草を食い過ぎたので、ここからペースを上げた。140号で花園まで出て、国道254号で北上、富岡から並行して走る国道18号に渡る。安中で給油。正午になっていた。
安中市
 オド29284km。満タンで6.41ℓ入った。ここまでの距離は274km。8時間半。燃費を計算すると、1ℓ=42.7km!となる。多少の誤差はあっても、1ℓで40kmは走っていることになる。スクーターでの街乗りなら、20~30kmは走るから妥当とも云えるが、嬉しい誤算。満タン(8ℓ)で300kmは行ける!計算。群馬県に入ると見覚えのある景色になってきた。国道18号に沿って集合場所おぎのやへ。
おぎのや横川ドライブイン
 毎年GWには大渋滞のはずの国道18号線が、ウソみたいに空いていた。おかげで速く着いてしまったが、やはり景気が悪いのか?巣篭もり消費というやつか?…全く、お出掛けには絶好の時期だね。ここまでの交通費はガソリン代846円+有料道路70円≒1,000円以下で済んでいるのだから。その分は土産に回す。
同人誌ドーロライダー薄い本コミックマーケット(Comic Market コミケ90 コミケット)夏コミ Comiket كوميكت 코믹 마켓 Комикет「静岡コミックライブ200」2016年「冬コミ」コミケ91サークル「あんだぁ☆びれっじ」12月30日(金)東館 f ブロック-41a碓氷峠めがね橋KROGミーティング新聞配達ニュースギア
 下仁田で国道18号線はバイパスと旧道碓井峠に分岐するがもちろん原付は旧道。もっとも250やビッグバイクでもほぼ旧道を使う。名物はやはり碓氷第三橋梁・通称「めがね橋」。長野新幹線開通に伴い廃線になった信越本線の名残。レンガ作りで雰囲気抜群だ。遊歩道があるらしいが入口がどこかわからない。
2010年 KROG 軽井沢ミーティング 碓氷峠 ニュースギア
 軽井沢を見下ろす碓井峠頂上付近。群馬県と長野県の県境でもある。ここらでちょうど自宅から300kmくらい。よほど交通量が少ないのか碓氷峠はセンターラインまで砂が浮いていた。 バブルの頃はここ旧道もバイパスも大渋滞だった。
碓氷峠
 カーブ毎に番号を付けた例の看板も減った。そういえば 猿も見なかった?このあと市街地を抜けKROGの本隊と再度合流すべく ペンション・シルバーストーンに直行。たぶんそのまま夕食&宴会突入になるだろう。今日はよく走った。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

Category :  新聞配達ギア
tag : 
原付スクーターでの長距離ツーリングなら、6年前にJOGで日本海に行ったことがあった。 ただし、そのJOGはエンジンがチャンプ80だったので、本当に50ccスクーターでの長距離は今回が初ということになる。つい2日前まで、新聞配達で酷使していた車体だが、持込車両なので 自分でメンテはしているし クセもわかる。
エガワ新聞堂-東静岡店仕様
一応KROGのイベントなどに行くつもりなので、本日(5/2)の目的地は軽井沢のペンション!(う!なんか歯が浮きそう!)で、横川の釜飯屋が集合場所になっている。翌日はお台場に寄る予定でいる。それにしても、GWに行楽等という世間的贅沢は何年ぶり?やってみたかったんです!こういうの!エガワ新聞堂の皆様,お世話になりました~(^^/~


新聞配達専用のニュースギアですが、意外に疲れなかった気がします。仕事で毎日(朝刊約3時間、夕刊約2時間、その他、拡張営業、集金…)に使っている”慣れ”もあったのかもしれません。新聞屋が使うギアは基本的には、リアブレーキを右足で操作する 普通のバイクと同じ仕組みになっています。スクーターのため、オートマで左手側は完全にフリー、走りながら(違法ですが)タバコも吸えるし、携帯も使えます。また、ニュースギアは前後のタイヤが大きめ(F:90/90-12、R:120/80-10)で車重も重いため、安定しています。最高速度は55km/hくらいしか出ませんがプーリー加工で+10km/h(最初期型は+15km/h)は 楽に稼げるので、幹線道路で交通の流れに乗って走ることも可能です。

仕事に使うだけでは、モッタイナイなァ…と。

テーマ:原付 - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード