FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
昔 近所の交番のオマワリがこのDJ1Lで巡回に回っていた。当時少々いじったカブ90に乗っていた私はこのスクーターを原付(60km/h以上出ない)と思い込んで ほぼ直線の田舎道で振り切ろうとしたが…追い付けれ拘束された。手錠を掛けられ交番に連行され、3時間くらい説教を喰らった(昔のオマワリは乱暴だった)。
HONDA DJ1L(DF01)
レッドゾーンが50km/hから始まる「80kmメーター」は伊達ではない。出足の加速は到底カブなんぞの比ではなく、最高速が伸びたら 敵うはずもないのは改造猿を知る吾人なら判ろうというもの。 当時のスクーターは安全は二の次、むしろパワーを抑えることに腐心するほどスペック至上主義の古き良き時代だった。

二十数年前我輩を撃墜してくれた敵戦闘機と御殿場フリマで再開を果す。今見ると紅白餅の如き御目出度いカラーだが、当時は若者に大人気のDJ1とその発展型DJ1Rの狭間で、どちらかというと地味な存在だった。その後にDJ1RRのハイスペックも登場したが、80年代後半からはメットインが絶対条件になりつつあった。
ホンダ DJ1L (DF01)
ホンダは塗装や樹脂が何故か脆い時期があった。キレイな赤シートは貴重。このネーミングには諸説があるが、昭和末期は いまだラジオがサブカルの一翼を担っていたのがわかる。今と違って、原付二種しかも排気量56ccなどという 中途半端な一人乗りの認知度はその頃は随分低く、現存する個体もそうとう少ないのではないかと思う。マイナーな派生型としても貴重な昭和のスクーター。

とはいえ、前述のマッドマックスのような経験を、その後も繰り返した私は、この色のDJ1に ひどいトラウマを持つようになってしまった。そのオマワリには 巡回中に私の自宅を発見され、「交機はどうだ?」とか就職まで斡旋された…。 (行くか!)

テーマ:原付二種 - ジャンル:車・バイク

Category :  オートバイ
tag : 
この頃セピアZZ(AJ50ZZ)を乗り回しているためか、以前に何台か売ったことのあるハイアップが無性に懐かしい。セピアのほうが後発のはずだが走って速いのはハイアップのほうがなぜか上。 ハンドリングも良い。Gダッシュより速いと思った。
suzuki  HiUP R
ハイアップに比べるとセピアは何故かフロント周りが弱い様な ヘンな感じがある。たぶんセピアは、フロントが弱いのではなく後ろが硬過ぎるためだろう。これはモノコックフレームをメットインスペースに使っているからだと思う。セピアのリアボディは鉄板の塊まり。これはホンダの意匠を避けるための苦肉の策だという。おかげでセピアは整備性も悪い。両車は足回りとエンジンが共通だが、ハイアップはメットインが登場するまでの暫定的なモデルらしくシート下に小物入れがある。また両車の中間に、1987年の発売から現行まで続くスズキのドル箱アドレス(2st)があった。後に追加されたアドレスV100は今も流行る原付二種の基礎を固めた。

ハイアップ(HiUP)と直接 関係はないが名前が似ているため先代らしきスクーターがスズキ ハイ(Hi)とハイアール(Hi-R)。中国の家電メーカーの様な名前だが無論こっちが先。過激というより危険というのが相応しい。でも文句なしに売れた。
スズキ・ハイ・ウォルターウルフSUZUKI  Hi WalterWolf
リアカウルの被せ方が似ている以外、共通な部分は全くない。発進の時、やたらとウィリーするが、ひそかに前後タイヤサイズが違うとか、ブレーキがリア(ドラム)のほうが大きかったり、味付けが為されているのがわかる。ただ 昔のスズキ車は個体差があって、納車状態でもメーターを振り切る「当たり」や、やたらと煙を吐いて調子が良くない等の バラツキもあった。一方でパステルカラー系のツートンや(バブル期に流行した)DCブランドの限定車が多数ラインナップされ、海外のファッションブランドにめっぽう弱いミーハー庶民に訴えることも忘れていなかった。

ハイアップのスタンダード。フロントはドラムだが車体が軽いため利きは抜群。サスはハイアップRはボトムリンクだがこちらはテレスコピック。加速も鋭く発進時には簡単にフロントが浮く。これにシュワンツのゼッケン「34」を貼るのが流行った。
suzuki  HiUP 
90年代は「フルフェイス・ヘルメットが入る」ことが絶対条件だった。これは日本だけではなく、輸出相場もメットが入らないスクーターは 半分以下になっていた。おかげで輸出業者から安く(7000円くらいで)買うことができた。シリンダーが水平になったのはホンダ・ヤマハより早くこのHiUPからだ。それまでのスズキ車、Hi、カーナなどはシリンダーが垂直で後方排気。メットインのための苦心が伺える。

すでにレプリカのフルフェイスを被る時代でもなくなったので、こういうムダが無く、走りの良いスクーターがマイブーム。”ある”内に、買っておきたい。

テーマ:2スト バイク - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード