FC2ブログ

火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
幹部が右往左往してるから場所だけ教えておいてやるよ。JR静岡駅から北上する県道27号線 通称安倍街道の籠上付近。最寄りのバス停は静鉄バス美和大谷線・安倍線「籠上」。新東名や静清バイパス昭府ICにも近い。
『日本国民に告ぐ!日蓮大聖人に帰依しなければ日本は必ず亡ぶ!』『諫暁書』富士大石寺 顕正会 静岡会館 浅井昭衛『顕正新聞』 国立戒壇建立聖地天生原天母山
片側2車線の県道に面し市街から上って行くと左側にある。安倍線から美和街道に分岐するやや手前にありマクドナルド(静岡安倍街道店)やスマル亭(平和町店)も見える。コスモスベリーズ籠上店向い。綾波書店静岡参号店にも近い。近所迷惑な大きな縦看板があるので走行中の車からでもわかる。
顕正会、静岡会館 静岡市葵区籠上11付近
宗教法人顕正会と教祖浅井昭衛の名が見て取れる。妙信講創立者の倅という 静岡ではハズレが多くて困る「二世幹部」と同じ馬鹿殿様。親父が戦前の人間とあって国粋主義に迎合。現在の教義は 所謂「終末思想」。此れを立正安国にこじ付けた後ろ向きで低俗なものだが、その分単純なため引き込まれる奴も多い。
「富士大石寺顕正会」静岡会館 県道27号線 安倍街道 籠上 浅井昭衛 顕正新聞  国立戒壇建立聖地天生原天母山
 終末論は太古から世界中にある宗教の基本原則のようなもので「信じない者は、救われない」という 人間の本能的に持つ不安や恐怖心に訴える極幼稚で原始的な思想。仏教でいう六道の四悪趣だけを強調する様な論法だが 災害や紛争の多い時世では 放っておいても伝染する厄介な悲観論。それを流布している。
「富士大石寺顕正会」 静岡会館 静岡顕正会男子部 県道27号線 安倍街道 籠上   顕正新聞 浅井昭衛 国立戒壇建立 聖地 天生原 天母山
 本来の立正安国論は 「人心が荒廃すると、地勢や環境まで荒れてくる」という法則を、三災七難の予言を通して論証立て、正しい教えで人心を調えその上に平和な社会を現出する方途を表したものである。教えに従う事で統制するものでもなければ、教えに託けて争いを正当化するものでもない。
県道27号線 安倍街道 籠上 「富士大石寺顕正会」 静岡会館 静岡顕正会男子部 顕正新聞 浅井昭衛 国立戒壇建立 聖地 天生原 天母山
 教団が分裂する原因の多くは 「教義の解釈論」に偏重してしまう場合がある。古い時代に表された思想や文献等を現在的に解釈しようとすると どうしても矛盾する点が目に付いてくる。これは解釈する側の目的感の違いで 優先順位が入れ代わって その強調される部分が大きく変わってくる。または実践するに当たって目的と手段を知らず知らずに取り違えてしまうこともある。何れにせよ 個人や弱者を害する「正しい宗教」など断じてありえない。

 「明らか無らず」と書いて「無明」という。「悟り」の反意語で不幸の原因ともなっている。「わからない」とか「知らない」から怖いのであって不安が募る。少しでも「明らか」になれば対策も取れる。彼を知れば百戦して危うからず。

テーマ:新興宗教・カルト・その他アングラ - ジャンル:政治・経済

Category :  四輪
tag : 
ガソリンスタンドが昔より減ってしまった昨今では電気自動車という遊園地の乗物みたいな車も致し方ないのかもしれない。ただ実際自分が「乗る」となったら 異様な小ささと華奢な外観は怖い。イセッタやメッサーシュミットのようなバブルカーと思えば我慢できそうだが 私なら中古のミゼットⅡを探す。
Honda MC-β 葵タワー 1Fロビー
いや…これならタタ・ナノのほうがイイな。個人的に四輪は2シーターばかり乗ってきたがいくら小型でも定員2名はやはり不便だ。それならバイクで事足りる。また いくら便利でも(特に電気自動車は)車両価格が高い。端から年寄を狙ったような外観もイマイチ。もっと普通のクルマ風に。若者ウケしそうなスタイルが良い。

鈴木修社長は「軽(自動車)は貧乏人の乗り物。スポーツカーは要らん」とおっしゃる。スポーツが売れないわけではなく四人乗れないと成立しないことは水野和敏氏も強調している。現にスズキではアルトワークスもしっかり売れていた。前後2名はちょっと割り切り過ぎ。ホンダのことだから理論的には間違いないしスペックもスタイルも最高品質。販売力であるていど売り切ってしまう。ただ最近ホンダはちょっとスベっている。計算詰めで庶民感覚を忘れている。世界企業の一流の頭脳達が知恵を絞っても ヒット商品を作るのは難しい時代になりつつある。

テーマ:電気自動車 - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード