FC2ブログ

火薬御飯

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
 ああ…ダメだ、こういうの…。諸事情により2度の公開延期。丸一年待たされた。オープニングの製作会社のロゴを見ただけで号泣する奴がいたらしいが…たしかにそうだった…。ほんとうはそんな先入観抜きで純粋に作品だけ堪能すべきだ。
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデンViolet Evergardenفيوليت إيفرغاردن紫罗兰永恒花园바이올렛 에버가든Вайолет ЭвергарденエスパルスドリームプラザS-PULSE DREAM PLAZA(静岡市)映画館MOVIX清水
 神懸りな映像美だけでも見る価値は充分以上にあるし 地上波で見たことがない可愛そうな方々にも自信を持って薦められる。ただTV版の一部エピソードの続編となる場面もあるので予備知識があれば より深読みできるのは他作も同じ。その説明的な重複するシーンも挿入されているのは製作側の配慮か。原作は読んだことがないが映像全般に盛り込まれたであろう演出は製作側の腕前が物言うところ。架空とはいえ近世の欧州が舞台の世界観は海外の視聴者にもわかりやすかろう。昨今と同じく情報通信が発達する過渡期に古典的な文字情報がインターフェイスをも越えた人の心を結ぶ手段足り得ることを教えてくれる。あまり深く考えたくないが作者や製作スタッフが傷心の主人公等に込めた思いとか考え始めると(未来を生きる人への手紙とか)暗示的な含みがあって更に涙を禁じ得ない。
 ネタバレになるが劇中でバイオレット嬢の結末は語られていない。ただ(中国語の誤訳のような)紫色の永遠の庭園の中で彼女の物語は完結する…と思う。

テーマ:ヴァイオレット・エヴァーガーデン - ジャンル:アニメ・コミック

Category :  アニメ・特撮・映画
tag : 
 先週「荒野のコトブキ飛行隊」を見に行ったシネシティザート静岡ではハセガワとプラットの飛行機プラモが出迎えてくれたがMOVIX清水では映画「ミッドウェイ」公開記念のタミヤのプラモ展示。ハリウッドはタミヤに感謝しろ。ただし私が見に来たのは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」。負け戦の映画に興味はない。
ミッドウェイMidway映画MOVIX清水タミヤTAMIYAウォーターライン(WATER LINE SERIES)赤城 加賀 飛龍 蒼龍 翔鶴 瑞鶴エンタープライズUSS EnterpriseヨークタウンUSS YorktownホーネットHornetシネシティザート静岡(新静岡セノバ)ローランド・エメリッヒ監督
 前作となるチャールトン・ヘストンやヘンリー・フォンダ主演の映画「ミッドウェイ」が公開されたのは合衆国独立200年記念の1976年。テレビの再放送で何度か見たがほぼ同じ時期の「トラ・トラ・トラ!」などとは比べるべくもないお粗末な映画。「トラ・トラ・トラ!」が日米合作で両国の一流俳優と実戦宛ら空前の実機ロケ大作なのに対し(旧)「ミッドウェイ」は記録映画や過去作品の映像を繫ぎ合わせたツギハギだらけの内容。脚本もどうでもイイようなフィクション挿入や米国サイドのご都合主義的な展開など公平に見ても褒められたもんじゃない。それをCGでリメイクしただけなら他の映画を見たほうがいい。まして艦これやアズールレーンのおかげで海戦史に詳しい若いゲーオタが激増した今現在。同盟国を舐めてもらっては困る。ヨークタウン級3隻のウォーターラインを製品に持つタミヤだから出張ってやってるだけでハセガワやアオシマの展示はない。ドーリットル中佐のB25プラモを写真に収めたら上映会場に急いだ。ヴァイオレットちゃんが待っているんだから。

テーマ:戦争映画(第二次世界大戦) - ジャンル:映画

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード