FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
 80´sは二気筒に妙な偏見がある。かのホンダが「400は2気筒で充分」と豪語してホークで好調だった最中に、カワサキの4気筒Z400FXにすっかりお株を奪われたトラウマがあるからだ。ホークのオーナーはずいぶん肩身の狭い思いをしたらしい。無論ホークが遅いはずはない。実際ゼロヨンなどは2気筒のほうが速いこともよくあった。ただ昔の2気筒は空冷で頭打ちが早く、回したあと焦げ臭い匂いがする。車格も少し劣って見えた。
カワサキKAWASAKIニンジャ400(EX400G)Ninja 400(EX400C/D) ER-4nニンジャ650 Z650ER-6nヴェルシス(Versys)ER-6fNinja650EX-4(EX400B)GPZ400S(EX400A)火薬御飯NEOPASA清水ネオパーサ清水 NEOPASA SHIMIZUクシタニカフェ清水 KUSHITANI CAFE カフェ喫茶グルメ静岡市清水区中部横
 そんな2気筒ユーザーが劣等感に苛まれていた時期に、2気筒を最初に水冷化したのもカワサキ。当時の売り文句には「欧米ではスタンダードなツインの人気が高い」とあった。国内では振るわなかったが、カワサキは250のGPZ250Rやエリミネイター、400ではGPZ400SやEX-4を淡々と売り続ける。その「不人気なツイン」の進化版が今の売れ筋ということだ。
 水冷化で筒温を安定させて、インジェクション化で更に全域の最適化を図る。しかも今は点火時期やスロットルの開閉速度まで演算に入る。
 燃調や進角を最適化することで異常燃焼や振動を抑え、エンジンのキャラクターまで多気筒のように味付けができるようになった。むしろ4気筒が(重量もコスト的にも)必要なくなってしまった。それでもエンジンはこのEX400G型から新設計。逆に車体は250と共通とし軽量化。ニンジャ250には大柄な車格を奢る。400㏄クラスと250㏄のシャシの共用が普通だった時代に、250専用設計で軽量化したZ250FTとは逆行するトレンドを作った。

テーマ:kasawaki - ジャンル:車・バイク

プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード