FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
 リード90のシリンダー再組立て後セルを回すが始動しない。プラグをリークさせると火花が飛んでいない。点火系の配線は導通を確認した。壊れにくいはずのホンダ純正CDIだがいちおう予備部品と交換してみるがダメ。後はパルサーを疑ってみる。やはりサビや排気漏れの油にまみれていた。
ホンダHONDAリード90LEAD90フライホイール部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 エンジン右側のシュラウドを外し強制冷却ファンを外したところ。冷却ファンは樹脂製のため固定してある4本のボルトの締め付けは緩く簡単に外せた。やはりフライホイールはサビや腐食が回っていた。防食はしたいがパルサーの接点は確保したいので塗装などはよく考えなくてはならない。
 フライホイール外側にこびり付いた汚れは排気の油分に埃が混ざったようなガンコなもの。シリンダーに冷気を送る関係で完全には防ぎきれない。できれば定期的にパーツクリーナー等で洗浄するしかなさそうだ。
ホンダHONDAリード90フライホイール部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 センターナットを緩めるためフライホイールにプーリーホルダーを掛けてソケットで回すと意外と簡単に緩んだ。ヤマハはこの部分を外すのに特殊工具が必要。しかも超高トルクで締め込まれている。こちらも汎用品のプーラーでは外れそうにない。こういう作業は早まってムリは禁物。
ホンダHONDAリード90フライホイールプーラー部品ジョーカーキャビーナブロード(HF05)リード50(AF-20)パルサー点火メンテナンス
 フライホイールの穴にプーラーのツメが噛まず、クーリングファンのネジ穴にボルトを打ってプーラーを掛ける。これにもかなり無理がある。
外周にネジ山が切られた専用工具が必要だ。単価は通販で500円前後なので注文してみるが、とりあえずフライホイール外周の突起部分のサビを板状ヤスリを刺して磨いて金属の地を出す。これで接点が復活すればOK。

テーマ:バイクの修理・整備 - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/1339-fcd9e230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード