FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
 「排気量マウントおじさん」と聞いて、即座に脳裏を過ぎったオッサンが2人ほどいた。今の排気量マウントおじさんは おおかたリターンズだろうが コイツラは「降りた」組。奴等が 私のバイクを見てよく言っていた。「なぜ1100にしなかったの?」…この意味を理解するのに時間が掛った。
スズキ(SUZUKI) GSX750S(GS750S)カタナKROG火薬御飯コミケ同人サークルあんだぁ☆びれっじKANERU-S魔輝屋 REDWINGS‐RPPけいおん!秋山澪HTT放課後ティータイム#PrayForKyoani京都アニメーション京アニスペシャル痛車痛バイクSUZUKI GSX750Sアイカツカタナaikatsu katana清水パーキングエリアNEOPASA清水
 私のカタナは750Ⅱ型。私個人は特に車種にコダワリはない。(当時)値段が安く程度がそこそこ良かった以外に理由などない。このオッサン達にしてみれば「1100㏄があるのに、なぜ排気量の少ない750㏄に乗るのか?」と言いたかったらしい。80年代までは、国内仕様は排気量750㏄までという規制が存在し、免許制度も限定解除には試験場に通わなければならない時期があった。そんな昭和の風習は、大型バイクに乗る者にとって細やかな優越感。だがこのオッサン達にはもっと切実で赤裸々な動機があった。
 このオッサン連中、本を読まないがマンガが大好き。それも「バイクに乗ったケンカの強い不良」が主人公のバイオレンスにご執心。だがイジメられっ子の落ちこぼれは、バイクで「なりきり」を気取るしかない。
 因みにオッサン達の愛車は、ZX-10(ZXT00B)とCBR1000F(SC24)というレアもの。中古が安く、目いっぱい排気量が大きい車種を選択。でも自爆でスクラップにした後、復帰できずに「降りて」しまったらしい。
 こんなオッサン共が駆除された要因はインターネットにある。ネットは確かに誰でも自由に(匿名で)発信できるが、画像や文書など証拠が残る。おおげさなフカシが得意なオッサンには、誠に都合の悪い時代になった。

テーマ:大型バイク - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/1659-9a589717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード