FC2ブログ

火薬御飯

Category :  オートバイ
tag : 
地元にこのブログをチラ見して「何を言ってるのかサッパリわからん」とか言ってるデバガメがいるのだが、ワカランのは低学歴やリテラシーのせいじゃなく普通の人にわかるような内容じゃないからだ。私の場合は飯テロと短文のSNSなんかよりワカランブログのほうがアクセスがイイ(笑)。
そんなわけで7月下旬にブローしたギアCエンジンの原因の調査を始めた。
YAMAHAヤマハGEAR-CギアCクランクケースUA03Jエンジン
この時点でクランクが回らない。詳細はまだわからないが致命傷には違いない。もう捨てるつもりで原因だけ調べて破損した部品を抜き取って現状復旧したら知り合いの業者に処分に出す手筈。というか次期原付を探して運搬まで頼んでしまった。車両に話を戻すと(シリンダーは抜いた後だが)クランクは完全に固まったわけではなく少しの角度で回すことはできた。
YAMAHAヤマハGEAR-C ギアCエンジン4KNピストンUA03Jエンジンブロー
仕事の後で夜間作業をしているため画像が暗い。カメラの角度がここまでしか入らないがピストンのバルブ側のポートがみごとに欠けている。欠片はクランクケース内に落ちたはずでエンジンごとひっくり返せば取り出せるかもしれない。ガスケットやケース内の変色具合からエンジンを開けるのは初めてらしい。仕事が終わってから作業のためこの日はこれで終了。
YAMAHAヤマハGEAR-CギアCエンジン4KNピストンUA03Jピストンベアリング
ポートが欠けたピストンを外す。外すときわかったのはピストンの取り付けがガタガタ。ピストンピンを抜くとベアリングが破損していた。実はこの車両いつの頃からか回転に伴うノイズが出るようになっていた。微細なもので走行に支障はなかったので静観した。ピストンべアリングのノイズが原因だったらしい。ベアリングの破損でピストンが首を振って下側のスカート部が損壊したか。ベアリング破損の原因は異常燃焼による圧壊か。
YAMAHAヤマハGEAR-CギアCエンジン4KNクランクケースUA03Jピストンベアリング
ピストンを外したところ。ケース内やカウンターウエイトに傷や屑は見当たらない。ノイズはクランクベアリングの磨滅で起こるベアリングノイズとは明らかに違った。クランクベアリングのノイズは音が大きく微振動を伴うこともある。駆動系を交換しても変化なし。原因はナゾだった。このあと洗浄を兼ねてクランクケースにオイルを流し込んで気密等を確認。
YAMAHAヤマハGEAR-CギアCエンジンUA03Jピストン4KNピストンベアリング
クランクケース内の破片を拾い集める。一方で部品ストックの中からジョグ用のピストンピンとベアリングを用意。それぞれ右がノーマル。左が破損した部品。ベアリングのローラーは国内仕様で10本(海外仕様で9本が存在する)。いちおう見た目で一致。この時点でクランクは普通に回るようになっていた。まあプロの仕事ならケースを割って洗浄して云々とプロセスがあるが治具がないし第一メンドくさい。これで直るならヨシとする。
HONDAフリーウェイ250(スペーシー)MF03
フリーウェイの奥にナンバーが見えるのがこの案件のギアC。もう完全にヤル気がなくなって物置で処分を待っている。若い頃のように「どうしても直してやる」とか執念もないし次に欲しいバイクもない。ただ足代わりに無いと不便なので手間を掛けず安く済む方法を選ぶ。幸いオーバーホール用の補修部品も揃っているのでストックのパーツを選んで修理に掛かる。

テーマ:スクーター - ジャンル:車・バイク

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/2167-15647027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード