FC2ブログ

火薬御飯

Category :  旅行・ツーリング
tag : 
国道150号線を焼津市街から登り始めるこの景色がよく夢に出てくる。長年の通勤経路。出勤時というのは嫌々もあるし緊張感もあってトラウマかもしれない。逆に退社時は夜だったしグッタリしてたりアフターで遊びに行くこと考えてたりで印象がない。というかほぼ忘れてしまっている。
ホテルアンビア松風閣syofukaku静岡県焼津温泉大崩海岸崩落事故断崖絶壁廃墟群心霊スポット国道150号線焼津市浜当目
平成前半くらいだから国道150号の夜は平日でも族や走り屋で大賑い。仕事が終るのは日付が変わる頃だったがカラオケ行ってファミレス行って後輩の部屋で寝るなんて今では信じられない事やっていた。先輩や年配の上司まで不摂生が自慢になっていたのだから確かに活力はあった。私もずいぶんイキった小僧だったがそれでも付き合ってくれた同僚には今も感謝している(つもり)。当時は走り屋の公道サーキットだった国道150号・大崩海岸も今は廃墟と心霊スポット。バブル期に開業したリゾートホテルはY2K前後から急速に廃れたから、今も「ある」のは驚くべき事かもしれない。
ホテルアンビア松風閣syofukaku静岡県焼津温泉大崩海岸崩落事故断崖絶壁廃墟群国道150号線焼津市浜当目
昔からこの会社「圧」がスゴイ。私が在職した当時から同期入社が同窓会をやったり退職者が集まってOB会をやったり社員同士の横の繋がりはずいぶん深かったと思う。既に退職して何年も経っているのに(私が忘れていても)昔の同僚や先輩後輩も表で会ったら必ず挨拶をしてくれる。我々の様に中高年になるといくら商工会や組合等の役をひけらかしても個人に信用や人望のないヤツは毛嫌いされそれとなく避けられる。若い頃のように覆すことができない。だから職歴というのはありがたいと思うし職務はこれからもシッカリ全うしなければならない。男は仕事で評価されるからだ。
ホテルアンビア松風閣syofukaku静岡県焼津温泉大崩海岸崩落事故断崖絶壁廃墟群心霊スポット国道150号線焼津市浜当目焼津グランドホテル駐車場
深夜はギャラリーにもなるグランドホテルの従業員用駐車場。この景色も昔と同じ。昔と同じように建っていてくれるのはちょっとウレシイ気もする。閉館して廃墟ホテルの心霊スポットなんてシャレにならんし「昔の従業員は何してたんだ !?」なんて思われたくない。盛者必衰。名前だけの能無しが継いだ途端にツブれた組織や会社もずいぶん見た。今も現存して稼働し続けるバブルの遺産だってある。実はかなりスゴイことじゃないか。

テーマ:温泉旅行・温泉宿 - ジャンル:旅行

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/2228-d35f8711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード