FC2ブログ

火薬御飯

Category :  書籍・音楽
tag : 
東京に居た頃から此処で本を買うのが楽しみだった。今でこそ私は読書家というほどではないが多少は本を読むようにはなった。私の両親は共に本を読む人で実家には書庫のような部屋があった。妹もよく本を読みしかも速読で学校の成績も良かったが、私は読書が苦手で勉強もできなかった。
2024年「世界青年学会 開幕の年」博文栄光堂書店本屋創価学会総本部Soka Gakkai Headquarters Complex広宣流布大誓堂東京都新宿区信濃町
私が中学の頃、学校は荒れていた。まだ不登校はおらず不良でも毎日学校に来た。だから皆友達に恵まれた。進学は諦めていたが読書ができるようになりたいと思っていた。今でも本を読まない奴ほど学歴のせいにしたがるが、私の友人には中卒や中退でも歴史書や純文学を読む読書家が多数いる。学歴と読書癖は関係がない。まして学会員なら、池田先生が戸田先生の事業を手伝うため夜学を中退、膨大な読書と戸田先生の個人教授で人並み以上に勉学に励まれたことを知っている。人は学ぼうと思えば何所に居ても学ぶことができる。ただしその癖を付けるのは若い内のほうが良い。
2024年「世界青年学会 開幕の年」博文栄光堂書店本屋創価学会総本部Soka Gakkai Headquarters Complex東京都新宿区JR信濃町駅
牧口先生は「学ばずは卑し」と言われた。「読書をしない者は信用できない」という学会指導もあった。昨今は書店も激減。若者の「活字離れ」と云われる。だが実際にはスマホや携帯電話のメールやLINEは文字情報でやり取りしライトノベルに親しむ若年層の情報の分析力は高い。むしろそれらデジタルツールが普及する以前の中高年(四十代以上)が文章力やリテラシーから取り残されている。本を読まないから文が書けない。だからLINEよりZOOMが流行る。学会員にもお粗末なSNSで悦に入る輩がいる。むしろ若者から学ぶべきだ。「青年に学ぶ」ことは学会精神の一つでもある。

テーマ:書店 - ジャンル:本・雑誌

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/2259-ed5a55cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード