FC2ブログ

火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
私は直接的な被災者ではないが、あの震災のおかげで仕事が大混乱。また友人が被災したり静岡に避難して来た方を見たり、震災後の数か月の陰鬱な空気は思い出したくもないというのが本音。もちろん今でも支援は必要だし何か力になりたいという気持はある。まあせめて思いだけでも…と。
浪江やきそば福島県浜通り浪江町
震災直後、太平洋岸まで発令された津波警報のおかげで東名が富士~清水間が不通。物流が大混乱・遅延。顧客先によってはエレベーターが数日間停止のままで10数階まで階段を上り下りしたこともあった。また取引先が被災して休業に追い込まれた友人もいたし関連企業の救援に手弁当で出掛けた先輩もいた。東北に嫁いだ後輩の安否を友人等が総出で確認し続けたなんて話もあった。数週間後に無事が確認できた者もいたし亡くなったしまった者もいた。遠方でもあり自分も手一杯で助けに行けないもどかしさは何方でも経験があるのではないか。挙句の果てには焦燥感と無力感から「なぜオマエは何もしないのか」と他人に当たり散らす奴まで出て来る始末。こうなるともう何もかも悪い思い出。だが実際にそういう奴は多い。
事故や災害は(無論戦争も)人命や人身、また家屋や生活など直接的な損害は勿論の事、その被害を聞いた周囲の恐怖や不安も大きい。インターネットで情報が流れれば救援や支援が迅速に行われると思われたが、実際にはデマやフェイクや焦燥感まで伝わるようになってしまった。被災地の産品を少々消費したところで幾らの支援にもなっていないかもしれない。ただこの人心の荒廃に対しては、そんな「気休め」こそが文字通り助けになると思う。或いは気に掛けるだけかもしれないが広がれば一種の力になる。
今でもYouTubeで見れるが、震災の直後に被災地に入った海外のマスコミが「日本人が配給の順番を列を作って待っている」という妙な評価があった。譲り合いに対しては“Unbelievable” という言葉まであった。実にこの相互扶助という考えは日本人の美徳の一つらしい。肝に銘じておこう。

テーマ:東北東日本震災関連 - ジャンル:ニュース

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/2282-1653eee1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード