FC2ブログ

火薬御飯

Category :  NEWS
tag : 
静岡葵文化会館が落成する明年7月は牧口初代会長 戸田二代会長の投獄からちょうど70周年の佳節に当る。かつて宗門はこれを「昭和法難」と称した。牧口先生は昭和19年(1944年)11月18日 獄中で御逝去。ほぼ同じ頃、戸田先生は自ら虚空会に連なる「不可思議なる体験」をされる。翌昭和20年7月 出獄された戸田先生は自宅の御本尊様を凝視し 「全く此の通りであった…」と述懐されたと云う。
「青年学会・拡大の年」戸田城聖先生75万世帯折伏55周年 11・18創立記念日創価学会 静岡葵文化会館(総静岡 葵総区)
この牧口先生と戸田先生の殉難と獄中の悟脱が無ければ、現在の創価学会は勿論の事(自分を含め)誰一人 正法に巡り合う事も、法華講員が勤行や折伏に邁進する事も大石寺や宗門の繁盛すら無かったことになる。獄中の生活はさぞや辛かっただろう。学会や事業が衰退し国が滅びることも耐え難い事だったに違いない。単なる史実でなく、その恩を知り恩に報いる決意と行動の記念日である。

本年12月は戸田先生の願行たる75万世帯弘教達成から55周年。その 突破口となったのが蒲田支部幹事であった池田先生の201世帯の大折伏戦。この「二月闘争」から60周年。さらに同年12月の統監部結成から 60周年。会長就任時の戸田先生の願行を虚妄にすまいと奮戦した池田先生と草創期の会員の実践に弟子たらんとする我々が徹底して学びまた体現していくのが求道心である。
「青年学会・拡大の年」 11・18 創立記念日 創価学会 静岡葵文化会館(総静岡 葵総区)
12月度男子部拝読御書である日興遺誡置文には、その「師弟の精神」と謗法厳戒の「破折精神」が貫かれている。弘教に励めば魔が出来するは必然。 魔競わざれば正法にあらず。 先ずは己心の魔に打ち勝つ執念の実践を決意したい。

日興遺誡置文には、難を恐れ師に違背した五老僧に対する破折が厳しく説かれている。当時の寺社勢力は 民衆救済の使命を忘れ 尽く政治権力と結託した。 形骸化した宗教、腐敗した教団は、権威主義に陥り 権力に阿る。「カネと権力」は洋の東西を問わず人心に最も付入り易い魔の本性。見破っていかねばならない。
総静岡男子部長”日興遺誡置文”講義
「謗法と申すは違背の義なり」。悪を成す者のではなくとも極善に背くが故に極悪に陥る。自らの胸中に仏は坐すと同じく その因は誰もが持ち合わせている。 さらに悪は結託し易い。或いは偽善の仮面を被って教団の中枢から出来するとある。

謗法厳戒とは実に権力との戦いである。五老僧といえども元は大聖人の直弟子。日興聖人は兄弟子でもある。その忘恩の姿に日興聖人も「返す返すも口惜しき次第なり」 と仰せだ。1288年12月波木井一族宛 「原殿御返事」を提出、翌年春身延を離れる。御遺命とはいえ「敵に城を明け渡す」ことは無念だったに違いない。
「青年学会・拡大の年」戸田城聖先生75万世帯折伏55周年 11・18創立記念日 創価学会 静岡葵文化会館(総静岡 葵総区)静岡文化会館(総静岡 駿河総区)静岡平和会館
五老僧等は大聖人の弟子たるを捨て天台沙門を名乗り一閻浮提総与御本尊を下し釈迦像を祀った。大聖人と出生の本懐たる大御本尊に違背した時から身延の迷妄は始まる。師が警告した「諸宗本尊に迷えり」の途に自ら陥って行った。
 
人法一箇「御本尊根本」の信心を忘れ去った身延は1955年(昭和30年)3月11日、小樽問答でその旧態依然とした姿勢と本尊雑乱ぶりを破折され自滅。法論の前池田先生の脳裏には佐渡御書の一節が過ぎったという。「邪法の僧等が方人をなして 智者を失はん時は 師子王の如くなる心をもてる者 必ず仏になるべし」と。

テーマ:創価学会・公明党 - ジャンル:政治・経済

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://nabe3rr.jp/tb.php/678-fc61105f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

nabe3rr

Author:nabe3rr
" I'll make you famous. "

最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード